色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます
2013年 01月 03日 (木) 00:13 | 編集
2013年が明けました。

今年はなんだか良い年になるのではないかと、おみくじを引きながら思うのです。

みんなが、楽しく過ごせるような一年であって欲しいと思うとともに、政治する皆様と公務員の皆様には、使うところは使って節約するところはきっちり倹約するというごく普通の当たり前のことをして欲しいです。

別にあらゆる施策が大成功しろとは言わないので、そういった地味なことだけでもちゃんとして欲しいなぁ……



と、自分のお財布の中身を見て思うのでした。
そこにある
2012年 11月 09日 (金) 20:44 | 編集
運命の人がそこにいると知っているのに行けないもどかしさは、
銀杏の実が落ちているのに似ている。
秋深し
2012年 10月 20日 (土) 00:07 | 編集
冬の前に
ほんの少し化粧する

そんなあなたがいる
あの地に

木の実で作った
お手紙を送りましょう

冬を超えて
春になったら芽吹くように
明日の果物
2012年 09月 21日 (金) 08:54 | 編集
それがあるから秋がくる。
スイカとキュウリ
2012年 08月 07日 (火) 10:31 | 編集
物事が落ちついてきたら、
スイカとキュウリをたくさん食べよう。

それらが輝いているその間に。


そろそろ何かしらの変化があっても良い頃だと思うので、思い切って何かをしようと思います。
夏の日
2012年 07月 27日 (金) 14:22 | 編集
また暑い日がきたんだね
と、向日葵が言うから
空に今日は夏かを尋ねた。

この青さは夏だね

と空が答えたので、
朝顔も向日葵も納得して体を揺する


通り過ぎる風が手紙を渡してくれた

太陽は南の小さな国で
海と雲の友達をたくさん作っている

そんな事が書いてあった。


私は遠い国の事を想像しながら
銀杏の事を考えた。
雨の日
2012年 06月 11日 (月) 20:24 | 編集
この雨が乾く前に
笑顔を振りまこう

明日芽生える種はどこから持ってきたモノ?


あの雨がくる前に
流せる涙は流してしまおう

雨をたくさん楽しめるように


カラカラの土地に雨を降らせよう
自分のスポンジをいっぱいにしたまま
新しい雨を吸収できないから



今日の雨が明日の晴れをより綺麗に見せてくれますように。
分岐点
2012年 05月 11日 (金) 16:41 | 編集
明確な境目もなく
突然それはやってきて
宣託された

みよ、いま目の前に別れがやってきて、大きな手がお前の口を塞ぐだろう。

みよ、大きな流れが意思とは関係なく別れを告げる。


大きな大きな節目が目の前で橋をかけている


渡りますか?
渡りませんか?


進む事を選んでも
とどまる事を選んでも
ただただ涙を流すばかり


離れた手を見て
どうしてこの手は何もつかめなかったのか
それだけが飴となって喉に残っている
五月です
2012年 05月 02日 (水) 03:38 | 編集
そろりそろりと筑波にも戻って行こうと思います。

懐かしの都へ。
四月になりました
2012年 04月 03日 (火) 00:42 | 編集
貰ったコップやお皿を見ながら、あの人は今はどうしているのかな、そんなことを考えたり……このカードはどんな時に貰ったんだっけ?



日本にいると何故か少しだけ昔の事を思い出します。

湖や林の写真が雪をまとって、どこまでも白く白く……


偶然は奇跡を起こすのでしょうか…?
なにも要らない
2012年 03月 26日 (月) 01:38 | 編集
何も要らない

ただそれだけを必要とするような
シンプルさと柔軟さで生きていこう
この日が祈りに満ちた日になりますように
2012年 03月 11日 (日) 16:52 | 編集
一年前、それは牧師の祈りで始まった。

小さな部屋に大勢の人が押し黙って、牧師の声を聞いている。



こんなに暗い世界で明るさを目指すその手が、どうか祈りで溢れていますように。
いつの日か
2012年 02月 16日 (木) 00:31 | 編集
本当の自分が自分を食い殺すまえに
その時の準備をしておこう

終わるはずの世界が明日も続く時に
明後日まで生き残れる準備をしておこう

通ったあとに道はできるなんて
振り返っても目を凝らしても後にも先にも道はない

もしも恋と愛が違うものなら
そんな戯言信じる前に
何かわからない感情をまるごと信じればいい


今日も月が綺麗なのは
誰のためでも何かのためでもない

そんな世界を生きている
二月になりました
2012年 02月 10日 (金) 22:21 | 編集
ずっとPHSだったのですが、、、
携帯に変わってしまいました。

でもあまり変わってないかな~
携帯は全体的に高いなと思う今日この頃。
ゆらゆら
2012年 02月 07日 (火) 23:26 | 編集
車内のゴトゴトという音
ぐぅーんと低くなるエンジン音
それらを乗せて旅の車が走り出す

ひたすら一点を目指しているのに
あちこち曲がったり
時には止まったり
一直線ではないのに
最後には必ず目的地に辿り着く

こうやって私が乗っている大きな車は
いつでも私を運んできた

今も目的地に向かって
あちこち曲がったり
時には止まりながら
走り続けている

走り続けて
気がつけば誰も知らないような
いつかみた景色の様な所へ辿り着く

どうしてこの場所なのか
それを知っているのは
その土地に住んでいる人だけ
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。