色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと思い出して
2007年 06月 02日 (土) 01:04 | 編集
買うCDはたいていアーティストが決まっていたり、その場で視聴して衝動に動かされるまま、というのが多いけれど、持っているCDは比較的少ない。そしてそのほとんどはジャケットなしのCDと歌詞カードだけなのだ。

一度枚数が多くなったときに思い切って処分して、それでも捨てられなかったものはCDだけとっておいて。場所という問題の前にこれしか答えを出せなかった。

そして。今、また捨てられなくなったCDがある。
すでに(というよりもほぼリアルタイムで)知っていたのだけれど、今まで一度も買ったことがないからまさか自分が持っているとは思わなかった。それが今日、ふと話をしている途中で、あの文化祭のことやそのほかのことが思い出されて、突然頭の中に閃いた。強烈なフラッシュバック、匂いや空気感まで感じられそうな記憶の中で、確かに私はそれを受け取っていたのだ。たしか理由は「ジャケットが綺麗だから」とか「珍しいから」とかそんなだったと思う。

こうやって捨てられないモノが増えていくたびに、悲しみや、喜びが少しずつ積もって、それを箒で掃き、また積もり、それを繰り返す。いつまでも持っていられるわけじゃない。けれどもできる限り持ち続けられたら。

求めるだけじゃなく、それを持ち続けたいと強く願う欲望が欲しい。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。