色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リモンチェッロ
2007年 05月 15日 (火) 01:52 | 編集
ピール漬けはちみつレモンという謎っぽい、微妙な名前で惑わせてくれたこやつの正体を調べたら、普通の家庭で作られるような、日本で言うと梅酒とかきんかん酒とかの果実酒らしい。

それなら普通にレモン酒があるじゃんと思ったけれど、ピール漬けハチミツレモンの元のリモンチェッロはアルコール度数がチョット高め♪個人的にスピリタス+イチゴ+砂糖で作ったあのお酒のレモン版か・・・

もっともウォッカとかじゃどうなものではなく純粋なアルコール(?この表現もへんだが、工業的に作ったってことか?スピリタスでええやん)で作られていてワックスのついていないレモンの皮を漬け込んで作る。この時点ではピール漬けもうなづける気がしなくもないが、ワイン漬けとかの感覚でいったら、(レモン)ピールのアルコール(ウォッカ)漬けなんだが・・・
田舎で白菜漬けとかな日本語みたことあるよ~な気もするのでアリなのかもしれない。

でもなぜハチミツレモンなんだろう。蜂蜜のお酒なら、ミード?とかあるし、ハチミツレモンとあったので最初はお酒だとまったく思わなくて、清涼飲料水かと思ったよw

決定「蜂蜜酒漬レモンピール」これなら納得(ぇ

いや、案外レモンピールの割合が多くて逆転しているだけかも・・・ピール(8割)+蜂蜜(1割)+レモン(1割)。これならピール漬けはちみつレモンやな!
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。