色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おかえりなさい
2007年 05月 02日 (水) 00:48 | 編集
いつもより月が大きく明るく見える。
「空気が澄んでいるせいかもしれない」
と言ったら
「心が澄んできているからだよ」
と君が答える。
なるほど、一理あるなと納得したあとに海をなんとなく眺めた。

色は黒く波は穏やかだ。いつの日か誰もが待ち望むものを浜辺に運んでくる気配はない。
「取りに行けばいい」
「そうするつもり」
「でも迷ってる」
「うん…何が正しいのか良く分からない」
「それは大事なこと?」

「それは…」
その後が続かなかった。自分自身でも言い訳だと気付いてる。

「多くの血が流れたね。これからもたくさん流れるよ」
「だからそれに見合うものを」
「見つけた?」
「既に自分の中にある」

そう、それじゃあらためて、おかえりだねと君が笑うから、私は泣きそうな声で小さく、ただいまと呟いた。

Comment
この記事へのコメント
「うん…何が正しいのか良く分からない」
「それは大事なこと?」

心の隅でいつもオートリピートです。

「関係の中でしか生きられない人間か、、人間ってそんなもんだよね」

ため息をついて猫が目をつぶる

猫に時間は流れていないのかしら?
逢いたくなるのは月夜


2007/ 05/ 02 (水) 08: 46: 43 | URL | らら # 1wIl0x2Y[ 編集 ]
猫にも時間は流れています
時間は誰にも平等にありますが、その重さや価値や早さは平等ではありません。


最後に死が訪れるのが決まっているだけの。


猫も関係の中で生きていますが、人間はそこに余計なモノを詰め込み過ぎなのです。

たぶんね。
2007/ 05/ 04 (金) 13: 36: 57 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。