色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借りた本を読む。
2007年 02月 12日 (月) 22:56 | 編集
午後はボーっと本を読む。読んだ本は、

大統領のクリスマス・ツリー
大統領のクリスマス・ツリー鷺沢 萠

おすすめ平均
stars男ってそんなものでしょうか
starsこんないい嫁さんどうしてまた?
stars真っ白な心で、まず読んでみてください。(先入観を持たずに)
stars追悼
stars「同じ方向を向いていない愛」は壊れるしかないのか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読んでいて思ったけれど、読むときに最後を予想していない自分に気がつく。もっとちゃんと言うと「最後を予想するの忘れてた」。これはある種のほめ言葉で、予想を超えていたとか予想外だったということではなくて、純粋に「最後を考えることなく」読めたということ。読むことに集中できる本は面白い。私は最後を予想して本を読むような面倒なことはせず、最後まで読めないようなら最初を読んで最後を読む。非常にわかりやすい人間ですw

あと今わかったことは、映画化されていてCDとやらも出ているらしい。それは知らなかった。というか作者自身今まで知らなかったわけだから当然といえば当然なんだけど。だからといって映画を見ることはたぶんないw

気のせいか、この人の描く女性、最後にあまり幸せそうになっていないのはなぜだろう?
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。