色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bios has detected unsuccessful post
2007年 02月 10日 (土) 00:55 | 編集
何かの時のメモ。

すごくメモ的に思いついたことを書いているのであんまり役に立たないかも。

ずっとデスクトップPCが使えなくて困っていました。
BIOSを2007/01/23版にしてから、なにか調子がおかしい・・・
オーバークロックしているせいかもしれないと思って、デフォに戻すべくジャンパを設定し、元の設定に戻す。

それだけなら一応起動するけど、こんなメッセージが出てBIOS起動後にとまってました。
「bios has detected unsuccessful post・・・」
時間もそんなに取れないし、原因も良くわからない(元に戻してもOver Clockしても駄目・・・ってw)。

マザーボードはD975XBX2。微妙にメモリ周りの設定がやりにくい。

でもいつまでもこのままでは宝の持ち腐れなので本格的に弄って直すことにした。

結果から言うと治りました。ジャンパ設定したあと、Maintenanceと言う画面がBIOSに追加されて表示されるのですが、そこでなにやらエラーがあった場合にとめてしまうような内容のオプションがあったのでDisableにしました。

今はQX6700を324x11=3570MHzの空冷で稼動させています。Vcoreとかあげてあるけれど、FANの回転数は最小にして静かに運転中。でも安定して動いてます。メモリのクロックは、DDR2-800(PC2-6400)なので無難に4:5で動くように633MHzを選択。基準クロックはAutoでなければどれでもいいみたいだけど266MHzにしときました。Windowsからは約800MHzで認識されているので(CPU-Z)ほぼ定格動作です。メモリはそんなにマージンなさそうだし、CPUの方もこれ以上クロックあげるのはきつそうなので(FANの回転数を上げなければならない)、ココでやめておくことにしました。周りを見るとCPU的にはもっといけそうで、マザボがネックになっています。x12とかにして3.8GHzも捨てがたいけれど、消費電力がもの凄いことになってます・・・

UPSをつないでたのですが、その容量を超えてしまってUPSが落ちたorz
恐るべしQuadCore。ピーピーなっていて最初はマザボが壊れたのかと思っちゃいました。


ちなみにこのマザーではメモリは3.25GBまでしか認識しません。噂ではメモリホールの設定が効くとか聞いたのですがそんな設定項目ないし。
ちょっと考えてみて、OS(=system)の認識が4GBで、そこにI/Oがマップされて・・・グラボのメモリも入っているのかな。メモリ構成は32bit環境なら1GBx2+512MBx2でいい。それしか認識してくれないし。どう頑張っても3.5GBなら素直に64bitOSにするか3GBに抑えたほうが賢い選択というものでしょう。

これでPATAの拡張ボードが使えればすごくいいのに・・・PATAのコネクタ足りない。SATAに移行しろということなんでしょうけれど、はいそうですか、といけないのがアップグレードの難しいところ。
Comment
この記事へのコメント
PATAのRAIDカードを取り付けて起動成功。以前は起動すらしなかったのに、BIOSをアップデートしたおかげ?
あとはカノプの設定・・・でもコレやるとVista使えなくなるような。

やること。
・ドライバをインストール
・HDDを取り付け(データの移行)
・いらないHDDとフレグランスを流す。
・写真を撮る

新幹線の予約をしないと。
2007/ 02/ 11 (日) 00: 50: 10 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。