色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな世界
2007年 01月 30日 (火) 07:59 | 編集
本当に狭い範囲を行ったり来たり。世界は広い大きいとは言うけれど、その殆んどは見ることも感じる事もできない。

小さな世界で生きている。既に知っている人達、既に知っているもの、既にやってしまった事、どれをとっても新しさはない。
あるのは小さな世界にいるという実感だけ。

こんなに小さな世界なのにとても忙しく多くの人が動き回る。きっとこの中から一人、二人と消えてしまっても何も変わらないだろう。

自分がやっている事の意味さえ知らない私には世界は広いと思っていたけれど、本当はずっとずっと小さかった。

もう消えてしまおう。この小さな世界から。コンクリート製の草原や丘は横になるには固すぎる。口にするものは砂を噛むような食感なのに土の香りはしない。

さあ、簡単だ。空に向かって一歩踏み出せ。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。