色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vista発売
2007年 01月 30日 (火) 00:09 | 編集
WindowsVistaには大して「今」は期待していなかったりするのだけれど(ソフトウェアの互換性とか、速度とか色々)、あるエディション以上からは全てのエディションにx64バージョンが用意されているのが非常に気になります。

販売は明日の0時から。いっせいに解禁。
実は32ビット版はアップグレードできるのでいいのですが64ビットが欲しい。現在だと4GBのメモリをフルに認識してくれないので(I/Oのメモリマップの関係で実際には3GBと少ししか認識されない)。これは勝手な解釈だけれどもメモリのエクステンションが行われていなければ32bitシステムで扱える物理メモリは4GBがMAX。さらにそれはシステムが扱える物理メモリの範囲でもあるわけで、この範囲内にたとえばビデオメモリとか他のインターフェースのI/Oがマッピングされていないとシステム側から認識できないわけで…でいいのかな?そのためビデオメモリ512MB+I/O256MB分が認識されなく(正確には隠されて)なってしまうのかなと。
アプリ側でのシステム2GB+アプリ2GB制限はまた別の話。だと思う。仮想メモリが関係してくるから、でよいのかしら。

64bit版に期待するのはメモリの大容量のメモリもそうなのだけれども、同時に出ている32bit版との兼ね合いも合って64bitシステムが大幅に使いやすくなりそうだということ。今まではドライバが、ソフトが~なんて問題があったけれど、今度からはベンダーも両方に対応しなくてはならないだろうから64bit版は今度こそ使い物になりそうかな?

買うならUltimateだけど、もう少し様子を見たほうがいいのかちょっと悩む(Ultimateは64/32両方が収められているDVDなので一度に両方は使えないけれど、そのときの環境にって使い分けることが出来るから)。
DSP版を買うときはメモリと一緒に買いたいな2GBx2+Vistaで。そうすれば夢の6GB。そんなにあってどうするんだ、って気もするけれど多ければ多いほどいいのですよ。メモリは。

あとはプロセッサとGPUだけれどもコレは最低ラインはクリアしているから問題ないと思う。誰かレビューしてくれないかしら。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。