色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モノの価値
2007年 01月 21日 (日) 14:40 | 編集
モノの価値って本当にわかりにくい。
自分には無価値だと感じるものでも他の人には対価を支払ってでも得たいモノになる。

こちらはそれはまあ、苦しい生活とやらに少しの潤いが得られればとても嬉しい訳ですが、ここでやっているプレゼント企画ほどの「ナニカ」まではちょっと足りない。それでもその人が必要としてくれて、大切に使ってくれるのならばそれで満足&嬉しいので十分なのです。

しかし、より広い人達に見てもらえるし、安心してやりとりが出来る環境が整っているようならばこっちの方が便利でいいかな~なんて思ったりします。

私にはそれを提供するにたる対価を受け取る資格があるわけなので、そこのところは素直に受け取ることにしています(大抵相手からの申し出)。誰にでも幸せを受け取る権利はあるでしょう?(同時に不幸を受け取る権利もあるけれど)逆に受け取っただけの何かを期待されている場合もありますが(役付の給料などはそうですよね)。


逆にそうではないときは結構遠慮したりする(場合もある)かも。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。