色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オレンジ
2006年 12月 25日 (月) 23:59 | 編集
日本の「みかん」は英語で「オレンジ」で本当に良いのかとふと考えた。
英語でオレンジというと、ちょっと日本のみかんを想像しにくい。それだけなんだけれど。

ネットでは今「オレンジ」が大流行・・・しているかもしれない。
古くは小説や映画の「時計仕掛けのオレンジ」(原題:A Clockwork Orange)とか、サッカーでの機械仕掛けのオレンジとか、アルバムの機械仕掛けのオレンジとか、とにかくオレンジには底が計り知れないすごさ(奇妙、畏怖、尊敬、笑い、何か)があるのかな~、なんてちょっとネットの海を漂ってみたのでした。オレンジは奥が深いのだよ。何か隠喩(暗喩)があるのかな?レトリックって面白いね。全然専門じゃないのだけれど、数学に似たところがある。

それはさておきキューブリックは大変興味深い。

日本のみかんはカウチオレンジなんだよ!!(カワチオレンジでもこのさいどうでもいいw)本当かな~、その辺知っている人いないかな?


キーワード:リベラル・アーツ 、 自由七科
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。