色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
willcomのnine.と料金プランの考察~そして実践へ~
2006年 12月 25日 (月) 23:06 | 編集
nine.を衝動買いしてしまった。しかも予約して。でも受け取ったのは発送されてからしばらくたってからだったりする。理由は当然、受け取り場所に私がいなかったからです。ウィルコムストアはきちんと期日に発送しています。
勢いがなければとても買うことなんて考えられないけれど(既に一台持っているのに)、勢いで乗り切ってしまった。
しかしB'zも歌っているように勢いだけで乗り切ると少し借金疲れもたまるのです。えっとなんて曲だっけ?

現在(さっきまで)の構成。

・w-zero3[es](kuro):ウィルコム定額プラン+データ定額
・w-zero3[es](shiro):ウィルコム定額プラン+リアルインターネットプラス
・nine.(kuro):ウィルコム定額プラン+データ定額
・ウィルコムADSL

w-zero3が二台あるのは別に意味があるわけではないし、直接財政に響くわけではないので良いのだけれど、出来ればみんな安くなればいい。しかも、ただ安くなればいいわけではなく、使い方にあっているプランで安くしたい。そう思って色々と考え導き出したのが以下のプラン。

・w-zero3[es](kuro):使い放題(2x)
・w-zero3[es](shiro):ウィルコム定額プラン+リアルインターネットプラス
・nine.(kuro):ウィルコム定額プラン+データ定額
・ウィルコムADSL

実際のところ[es]は電話として使うにはちょっとイマイチだったりする。その点nine.は電話として合格で、PHSにあるまじきサクサク動作(笑)すごい快適です。ブラウザはNetfrontでOperaじゃないけれど、そこは[es]でカバー。つまり[es]はネット&メール専用(今までもそれに近い使い方だった。常に持ち歩くには少し大きいためバッグに入れているのだけれど、バッグも常に持ち歩いていないので着信に気がつかない→結局メールとネットだけになってしまう)で、nine.を新たに音声端末+メインのメールネット端末にしようという考えです。データ定額をつけているのはちょっとしたネットを使うにはちょうど良いプランでほぼ定額的な使い方が出来るから。ヘビーに使うときは[es]の方を使う。

で、ADSLと使い放題のマルチパック+ファミリーパックで端末3つすべてに割引がいくようにしたのだけれど、この割引を決めるところだとかすごく悩みました。使い放題にしても[es]でやりとりするメールは無料?[es]のOperaで行うネットは無料?それがわからない。結局さまざまな疑問をぶら下げてサポートに電話し、全部聞いてみた。結果、上の構成ならメールもネット(kuro[es]はPCでのネットも)も通話もすべて定額でいけることがわかりました。

willcomってこうしてみるとすごく安い。何気に通話料金も安いので後は電波の範囲かどうかくらいしか私には悩みどころがない。心なしか最近は電車や車でも通話があまり途切れなくなった。すごいぞPHS。

しかし赤W-SIMの性能をまだ実感できていない・・・(理想は[es]のW-SIMも赤に変えること。そうすればエリア内なら最大倍くらい早くなる!?2xだと4x相当、4xなら8x相当)

残った問題はメールアドレスと電話番号。メアドは転送でひとつにまとめることが出来てしかもPHSは(全部の機種がそうだとは限らないけれど、最近のなら)使用するメアド(正確にはメールサーバー?)を選ぶことが出来ます。そのため送信も今使っているメールアドレス(サーバー)からOK。これでメールアドレスの問題は片付いた。
電話のほうは転送をすれば同様に着信については番号を統一できるけれど、別途料金がかかってしまうし、なにより発信番号までは変えられない。仕方がないのでこれは新しい番号に一時的に移行ということに。


それにしてもnine.の速さに慣れると[es]はすごくもっさりしているし、W-SIMの取替えのたびに行われるオンラインサインアップももっさり。しかしW-SIMの差し替えのたびにサインアップし直さないといけないなんて少し面倒かな~。通信モジュールはすべてW-SIMに入っているのだから、W-SIM差し替えればそれでOK!ってわけにはいかないのかな?これさえクリアできればW-SIM一枚で簡単に二機種を使い分けられるのに。でも今の状態なら二つ持っていたほうが安いのかな・・・?

二台の場合(w/ADSL)
2200+1050+3400=6650円(最小。prin接続料込み2x4x混在)
2200+3800+3400=9400円(最大。prin接続料込み2x4x混在)
(この場合2xではprinの接続は無料になるのは確定だけれども4xのWSIMを使った場合はprin接続料無料になるの?今気がついた。誰か知ってますか?)

一台の場合(w/ADSL)
2200+6300=9500円(速度重視+別途PCはプロバイダ接続料(500~1000円くらい?)4x)
2200+2100=4300円(料金重視+別途PCはプロバイダ接続料2x)

やっぱり一枚の方が安い?同時に使い分けることはできなくなるけれど、通話しながらネットなんて状況は想定しにくいな・・・ネット接続中に着信っていうのは考えられるけど。プロバイダとしてprinを使ったとしても一枚のほうがやっぱり安い。料金重視の場合は。速度重視でもプロバイダ料金を見込んで考えて・・・あんまり変わらないかな。少し安いくらい。
やっぱり二枚持っても料金面ではあんまり利点ないかな~W-SIMの場合。
いつかは利用状況を見て一枚にまとめたほうがよさそう・・・

利点はW-SIMの差し替えを行わなくていいこと・・・くらい?

救いはそんなに使わないのなら一枚の料金とさほど変わらないこと。かな?
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。