色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウイルススキャンソフト
2006年 12月 10日 (日) 05:53 | 編集
今回PCを買ったのに合わせてウイルススキャンソフトも一緒に買いました。本当は無料で使えるもの(たとえばAOLのとかね)があれば十分なのですが、色々思惑があって結局製品を買うことに。

悩んだ末に選んだのがこれ。
ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ 優待版 3年ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ 優待版 3年

トレンドマイクロ 2006-09-22
売り上げランキング : 397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3年分で一年ずつ更新するより割安
PC3台までインストール可能
ライセンス有効期間中に新しいバージョンが出たら無償アップデート可能
と他のスキャンソフトに比べて条件が良かったものだから。
スキャンの性能はそこそこのいわゆる三大スキャンソフト(ノートン、マカフィー、トレンドマイクロ)の中では料金体系がわかりやすく、お得感が強いことが選んだ最大の理由かな?
ただ現在の2007は以前のバージョンに比べて少し重くなっているので必要な機能だけを使ったほうがいいかも・・・逆に今現在話題になっているセキュリティー関連の心配事(メール、フィッシング、不正サイト等々)をすべて監視してくれるのでお買い得といったらお買い得なのですが。PCパワーに余裕があるなら全部の機能をONにしてもあんまり気になりません。

ちなみにアマゾンで買うと通常より2000円くらい安く買えます。なぜだ・・・危うく他のサイトで高いのを買うところだった。

無料で使うならAOLが提供しているものがお勧めです。
http://www.activevirusshield.com/antivirus/freeav/
英語サイトだけど簡単だからすぐに登録できます。このソフトは有名なKasperskyエンジンを使っているので検出率はNo.1です。お金がないときはこちらがお勧め。ちなみに私も3台目以降のPCにはこれを入れる予定です。

ちなみに・・・今までは私はこういったリアルタイムの対策はWindowsUpdate以外はオンラインウイルススキャンを定期的にかける程度で何もやってません。FWをある程度がちがちにしているし、ウェブサイトも見るところが固定されているから・・・って言うのが主な理由ですが、Vectorとかのサイトでウィルス感染とかは防ぎようがないし・・・(たまたま利用していなかった)。

今後セキュリティー分野への勉強もかねて投資ということで。お金を払った分だけ人間はやる気が出るらしい。ホントかな?

何も対策していない人で大事なデータなんかがある場合は何かしらの対策ソフトを入れることをお勧めします。インターネットは以前の牧歌的な性善説の世界からいまや、魑魅魍魎の性悪説の世界へと変貌していますから。
Comment
この記事へのコメント
ZERO
実は同じスキャンソフトでZEROって言うのも考えていた。年間更新料無し。つまり一度買えばずーっと使える。更新だってちゃんとしてくれる(はず)。
試していないからわからないけれど噂では動作は軽いらしい。お金も当然かからなくて・・・で、セキュリティーの方は値段相応ということみたい。でも普通ならこのくらいで十分な気がするかな。
どれがいい?って聞かれたらたぶんZEROを薦めるよwだってお金かからないし、面倒な更新説明しなくてもいいでしょ?ポップアップが出るたびに質問されたら大変だからそんなに厳密にやってくれなくていいし(笑)。日本語(だと思う)っていうのもポイント高し。

というわけで総合的に強化したい人は三大ベンダーから選んで、そこそこならZEROでいいんじゃないかと思う。機能的には大差ないように見える(性能はわからない)。有償については。
無償ならたくさんあるからお好きなのをどうぞ~って感じです。

むむ、しかしウイルスバスターのURLフィルタは重いな・・・もたつきを感じる。
2006/ 12/ 10 (日) 18: 31: 27 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。