色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々あって
2011年 06月 07日 (火) 18:44 | 編集
何もありませんが、
そのうち、

そろり
そろり

そーっと
動き出すかもしれません。


とにかく
ここは
色々動くのに
ちょっと不便なとこなのです。

何かをしたいと思ったら
先生に申請するわけです。

そして許可が下りたらいいのですが、
下りた後でも
何かしらの危険があると判断されると
取り消されたり。


私はいたって幸せです。
その周りも平和です。

ここだけ時間の流れが
本当の意味での外の世界と別のよう。

誕生日にいただいた小説を読み終わり、
ほっと一息。

読み終わるのに半年以上って、どんだけ・・・・・・

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)


そういえば、本を色々と処分したくて、
処分といっても、いわゆる電子本にしたくて、
でもスキャナで取り込むの面倒で。

なぜあっちの世界にドキュメントスキャナ置いてきちゃったの?

こっちでは軽量タイプのフラットベッドタイプしかなく、
500ページとか700ページとか
やる前から、あきらめたくなります。
Comment
この記事へのコメント
お久しぶりです。
そちらはどんな世界ですか?
とても薄い空気の中?
先生はめがねをかけてしっぽの長い猫だったり。。
きっと特別の資格を持った人しか入れない世界なんでしょうね。。。
2011/ 06/ 15 (水) 21: 59: 43 | URL | らら # 1wIl0x2Y[ 編集 ]
おひさしぶりです。
こちらは、いつでも透き通るような青に包まれた世界です。
ガラスのような星が、月のお皿に乗って夜を運んできます。

脚の白い猫が今日もお知らせを運んできました。

でも、特別な人でなくても入れるんですよ。
夢を持つことを忘れていなければ。
2011/ 07/ 06 (水) 09: 03: 14 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。