色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
睡眠薬の部屋
2010年 06月 07日 (月) 16:56 | 編集

 

机一つと、椅子一つ。

鞄は3つ。

 

ノートは一冊、シャーペン5本。

消しゴムはない。

 

月のお皿に、薬が二つ。

一日の始まりと、一日の終わりに星の雫で飲み干していく。

それは緩やかな花。

 

時がガラスに当たって、雨となって流れていく。

隅に溜まる空気が眠気を誘う。

たった一つの机と椅子。

花の化石でできている。

うつ伏せに眠ると、蝶の夢。

 

ノートは一冊、シャーペン3本。

消しゴムはない。

海を剥ぎ取ったノートに、土からできたペンで書き付ける。

 

この部屋は眠い。

過去からできた扉は開かない。

未来でできたガラスは今を映さない。

ただ時の雨が筋を作る。

 

月のお皿に薬が一つ。

これが最後の薬となる。

 

Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。