色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0と1の間
2010年 03月 25日 (木) 15:20 | 編集

HDDのセクタをずらずらっとながめていると

(それらは16進数であらわされているけれども)

この0と1の間には何があるのだろうとふと考えてしまう。

 

実際にはあるところからは0、

あるところからは1ね。

という具合に決められていて、

それを元に0か1かを判断しているので

その間なんて判断されたあとでは

全く意味を成さないのですが、

ifをというのを少しだけ。

 

これから待ち受けるであろう

多くの選択肢、多くの決断が、ちょっと怖いのです。

 

なかなか決められない(ように見えて結構決めているのですが)

そんな私は、いつでも選択肢は広げないように、

決めるのが楽なようにしているつもりで

なぜか、結果的に選択肢が、未来が広がってしまう、

そういう風になっています。

 

悪をなそうとして善をなしてしまう、どっかの悪魔さんみたいです。

 

で、色々ある選択肢がこわい。

中には少なくとも大きく環境を帰るものや、

これまでとはまた違った世界が広がるものや。

 

ん・・・これはパンズラビリンスのような。

 

いつでも世界は御伽噺に満ちていて、

その中で私は踊る。

生きること、それが御伽噺。

 

Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。