色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ni
2010年 03月 16日 (火) 22:24 | 編集

好きなものは何?と聞かれて、とっさに「この世にあるすべて」

と答えたら、「じゃあ、あの世のすべては駄目なんだ」といわれて

またとっさに「生死関係なくすべて」と答えたら、

「命あるものじゃないと駄目なんだ」といわれたので、

「現実夢幻、存在非存在に関わらずすべて」

と答えしが、「では如何に」と問う。

「我若輩にて詳細は分かりかねる」

 

まぁ、難しい。

 

例えば、お金を貸してといわれたら金額次第では貸す人もいるかもしれない。

でも、ちょっと命をかしてといわれたら貸すだろうか?命の程度にもよる?

命に程度なんてあるのか、なんて本質から離れたことを考えてしまった瞬間に

負けなのだ。

 

何に負けているかは分からないけど。

 

その何か分からないものを、すごく試されている。

人を信じるか信じないか。

 

それは早く寝ようか、もう少し起きていようか、

そのギリギリのせめぎ合いに似ている。

起きる直前の起きようか寝ていようかではない。

あれは、怠惰なだけ。

甘い夢の香りのする枕にしがみつきたいか否かではなく、

毎晩、枕を涙でぬらす覚悟があるかどうか、だ。

 

まだ本気を出していない、

じゃあいつになったら本気をだすの?

でも知っている。

とっくの昔に本気は出して

それでも届かなくて

ひざを着いて

でも手までは着かないように

自分を欺いていることを。

 

本当はできないことを自分自身でよく知っている。

久しぶりにメキシカンをみて、

「お~、ブラッド・ピットとジュリア・ロバーツだ~」

と思いながら、相変わらず何を言っているか分からない英語を聞きながら

焼いたベイクドチーズケーキを食べてる。

紅茶は無いのですよ。

代わりにアップルジュース。

次はターミナルを見よう。

相変わらず分からないかもしれないけれど、

信じるのです。

そこから未来は開かれるのだから。

Comment
この記事へのコメント
わたくしは、
なんだかよくわからないうちにいつのまにか自分がつくることになっていたスイートポテトを今から焼くために、ネットでレシピを探そうとしていたところです。

命? なに、ちょっと借りたい?
よろしくてよ。
ほほほ、三倍返しにしてくださいね。

一刻館の管理人さんは五代君にこう言いました。
「期待せずに待ってます。」

明日は誰かがわたしを信じて、焼き上がったスイートポテトを待っているのです。
2010/ 03/ 18 (木) 21: 31: 57 | URL | maya # niSanOG6[ 編集 ]
管理人さんは偉大
三倍返しか・・・・・・どうやって返せばいいんだろう(汗

私はよく分からないうちに、何回もチーズケーキ焼いています。

私も、明日誰かが私を信じるかも知れないから
今日こうしてまたチーズケーキを焼いているのかもしれない。

ところで、そのスイートポテト、
ちょろっとネットで送ってくれませんかw
2010/ 03/ 20 (土) 15: 29: 48 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。