色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの道
2010年 02月 28日 (日) 17:00 | 編集

心の奥から沸いてくる色を

いつも感じて窓の外を眺めてる

何かを探しているわけでも

何かを欲しているわけでも

何かが満たされていないわけでもないのに

心の奥から響いてる

 

色はささやく

あの道がそこにある

誰も見ることの無い

誰も気がついていない

あの道がそこにある

 

見上げることでしか見えない道を

いつでも夢見て歩いている

見上げることでしか見えない道を

いつも感じて歩いている

 

 

風が運んでくる月の光を

いつも誰かの隣で聞いている

好きという感情でもなく

嫌いという感情でもなく

ただ好きとしか言いようがない気持ちを

空の月が歌っている

 

月はささやく

あなたの道がそこにある

誰かの道でもない

誰も知らない

あなたの道がそこにある

 

見上げることでしか見えない道を

いつでも夢見て歩いている

見上げることでしか見えない道を

いつも感じて歩いている

Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。