色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬が来た
2009年 12月 03日 (木) 00:38 | 編集
忙しいわけでもなく
暇なわけでもなく
淡々と過ぎ行く季節を
背中に感じながら
すでに高く上った太陽に
目を細める

何かを手に入れたいわけでもなく
何かを失うわけでもないのに
誰かが成功していくのを
じっと見ているのが耐えられない
そんな時もある

自分には届かないアドバイスは
ほかの人の心に届き
今大きな芽を出し花を咲かせる

結局写真は私の中で
記録でも
芸術でも
瞬間でも
趣味でも
そのどれでもなく
ただ一時の宿木のように
そこにあっただけ

私は何がしたいのだろう?
何かをしたいわけではないのに
何かをしている人を羨んで
何かを欲しているわけではないのに
何かを欲しい振りをする

もっと素直に生きること
たったそれだけのことが
とても難しく
なかなか前に進めない。
Comment
この記事へのコメント
For you from you
(前略)
どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる
だったら、
時には前の花ばかりではなく
足元の草、
右手の空、
左手の水、
そんなものをのんびり見ながら
後ろにちょっと下がって木陰で休むのも
悪くはないでしょ?
(後略)(事象境界線より)

ね?いい言葉よね・・・(*^_^*)
2009/ 12/ 03 (木) 18: 04: 31 | URL | らら # 1wIl0x2Y[ 編集 ]
残り少ない命に
少しだけ
ほんの少しだけ
休息を与えたら
もう少し
緩やかに
穏やかに
時をすごして

何かを真似する必要なんて
全くなかったんですね。
2009/ 12/ 08 (火) 05: 59: 42 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。