色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
雨ニモマケテ
2009年 10月 06日 (火) 14:15 | 編集
風ニモマケテ

台風の季節は
じっと鏡を見て過ごす

何故なら
難民は何時でも鏡の中にいる
風が吹けば
泡が弾けて
トマトが潰れる

大きなトマト
みんなのトマト
弾けて
弾けて
土の中

ねぇ
昔の人を思い出すよ
機関銃を抱えて
肉体からの独立を宣言した

世界はそれを英雄とよんだ
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...