色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC-CB1-M3パワーアップメモ 続きの続きの続き
2009年 09月 29日 (火) 15:46 | 編集
コレで最後かな?

チップセットなどの情報

CPUとしては、結局Athlon XP-M 2500+で行くことにしました。
実はGeodeの1750も手に入れたんですが、このままでもいけそうなので。

CPUがいつまでも熱いままだと困るので、CrystalCPUIDをインストールして設定。

最低倍率から最大倍率、電圧はそれぞれ
x6:1.2V
x14:1.3V
x19:1.4V
としました。これでも動くことは確認済み。ちなみにデフォルトはx14の1.45Vです。

CrystalCPUIDのオプションとして
/CQ /HIDE /RES
を指定し、スタートアップに登録。以上。
参考:はじめてのCrystalCPUID

CPUIDの情報

常にファンが回ることもなくなり普通に使えるようになりました。
気のせいかネットブックより速いような気がします。
描画はかなり遅いはずなのでそんなことはないはずなのですが。

起動は何も入れていないせいか、とても速いです。30秒くらい?
これならSSDはまだいらないかも。

AdobeReaderやFlashPlayer、後はオフィス系のソフト(readerだけでも可)を入れて完成です。
foxitreaderもいいけれど、どうしても互換性が気になってしまう・・・・・・
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。