色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC-CB1-M3パワーアップメモ 続きの続き
2009年 09月 28日 (月) 22:19 | 編集
最後の仕上げです。

前回は、CPUを交換してあとはOSインストールするよ!って所まででした。

CPUは相変わらずあっちっちーなのですが、ノートPCの底面を数センチ浮かせて、
吸気しやすくしてあげるとCPUがきちんと冷えるらしく、不意に落ちることがなくなりました。

なので、このまま進めます。

まずはOSのインストールから。
このクラスのPCではWindows98でもいいくらいですが、さすがにサポートはないし、売っていないし、ドライバもないだろうし。

普通にXPをインストールします。

もちろんメーカー純正のリカバリーCDがあるのですが、コレをインストールすると余計なアプリはインストールされるわ、SP1すら当たっていないわで、ちょっと不便です。

でもメーカー製のPCを買った人なら分かるように、このPCにライセンスされているXPは
OEMという種類のもので、ほぼ間違いなくこのリカバリCDからインストールしないと

・アクティベーションが無理(認証されない)

という結末が待ってます。

なので普通にその辺の別のPCのXPsp3のインストールメディアでインストールして、ノートPCに貼ってあるプロダクトキーを入れてもだめです。

じゃあ、このリカバリCDからsp3適用済みCDが作れるかといえば、それもNG。
なぜなら素のWindowsXPインストールメディアではなくHDDへのインストールイメージを保存してあるものだからです。

というわけでXPsp3をいきなりクリーンインストールするのは無理そうに思えますが、
一つだけ方法があります。それは、

・他からXPsp3のインストールメディアを調達し、対象ノートPCのプロダクトキーを使う

です。だめって言ったばかりでなんですが。

マイクロソフトは、1枚のメディアを使用し、複数のPCにOSをインストールすることを許可しています。
ここでの「許可」は、あくまでその分のライセンスを持っていれば、です。
使用許諾書には、「お客様は、本製品のコピー 1 部をワークステーション、 ターミナル、またはその他のデバイスのような特定の 1 台のコンピュータ (以下「本ワークステーション コンピュータ」といいます) にインストールして使用、アクセス、および表示することができます。」とあるので、1枚のメディアがあったら、一台に一つしかインストールできないように見えますが、それは一枚のメディアには通常一ライセンス分しかないためです。
1枚のメディアでも有効なライセンスを複数持っていればそのライセンス分だけインストールが可能です。
つまりマイクロソフトの考えでは、OSのメディアとライセンスは基本的に別物なんですね(OSのメディア=ライセンスではない。ただしOEMは除く)。
(実際にマイクロソフトからOSを買うときには、メディアだけとかライセンスだけの購入が可能です)


で、本題。
今XPsp3のメディアがあります。ないのはライセンスだけ。
そして、今持っているノートPCのライセンスは正規のもので有効です。
つまり、

・メディアは通常版(リテール)XPsp3のものを使用する
・プロダクトキーは元からあるノートPCのものを利用する
(既に利用済みの、XPsp3についているプロダクトキーは利用できませんので注意)


これならライセンス的にも問題ありません。たぶん。
ただ、OSインストールの際はプロダクトキーが通らないので、後で認証を行います。

よく質問で、オークションでOEMのXPを購入して・・・・・・ライセンスが通らないとか色々聞きますが、

・他のPCのOEMのメディアとプロダクトキーを使ってインストール→NG
(OEMのメディアとプロダクトキーはPC本体に対してライセンスされているから)

・他のPCのOEMのメディアと、自分が持っているPCの正規のライセンスキー(プロダクトキー)を使用して、そのライセンスキーがライセンスされているPCにインストール→NG
(少なくともライセンス的には。OEMはメディアだけの譲渡が出来ない。実際にインストールできて使用できるか?といわれたら、多分可能)

・OEMじゃない通常XPメディアと、自分が持っているPCの正規のライセンスキー(プロダクトキー)を使用して、他のPCにインストール→NG
(OEMのライセンスキーは単独で譲渡が不可。それに通常はライセンスキーが通らない。電話で対応すれば可能かも)

・OEMじゃない通常XPのメディアと、自分が持っているPCの正規のライセンスキー(プロダクトキー)を使用して、そのライセンスキーがライセンスされているPCにインストール→OK?


ということになります。


OSインストール後のプロダクトキーの変更とライセンス認証については以下のURLの指示に従えばOKです。

正規の Microsoft ソフトウェア
のWindows プロダクト キー更新ツールを使用します。

更新されれば(ほぼ)自動的にライセンス認証も終了しているので、
「Windowsライセンス認証」のアイコンをダブルクリックしても「既に認証されています」となるはずです。


と、私はここまで試しました。
今のところ問題なく動いています。

参考にしたサイト
Windows XPのプロダクトキーを簡単に変更する方法教えます
正規のMicrosoftソフトウェア よく寄せられる質問
特別編:OEM版Windows XPのライセンスとアクティべーション
Windows XP の製品版パッケージと、OEM 版の違いはなんですか?
ライセンス認証時のプロダクト キーの変更方法
Windows XP, Windows Vistaの種類 - ライセンスの比較
Windows XP ラインアップ紹介
というか、これで大体あっていると思うけど、ライセンス関係はいまいち分かっていない。。。

難しいから。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。