色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
PC-CB1-M3パワーアップメモ
2009年 09月 26日 (土) 23:29 | 編集
こんなことをしている場合じゃない

技術は磨かないと錆びるので、ノートパソコンの増設や換装をしてみます。
今回のターゲットは、シャープ製PC-CB1-M3

今ではどうしようもなく弱いスペックですが、一応XPプリインストールモデルです。
CPUはAMDのDuron800MHz、メモリは増設してあって256MB。HDDは20GB。
解像度とか、ネットブック並とはいえなくもないスペックですが、やっぱりちょっと弱いかな。
悪いと思いつつ、正直コレにはアンチウイルスソフトを入れたくありません・・・・・・

まずはメモリから。
コレはさくっと交換です。既に128MBのPC133のメモリが刺さっていたので、これを512MBのものと交換。
メーカーでは384MB(オンボード128MB+256MB)なんていってますけど、最大は640MB(オンボード128MB+512MB)です。もっともココからグラフィックス用に8MB~32MB使われるんですけど。

次はHDD。。。。。。の前にCDROMドライブ。いまさらCDRに載せ換えても仕方がないので、DVDRドライブに交換します。
物はソニーNECオプティアークのAD-7580A。これは、どうやらどこかのOEM?なのか、オプティアークを見に行っても情報がない・・・・・・
調べたら、どうやらQSI SDW-088が元になっているもののようです。
情報元

買うときに、AD-7590の後継品?と注釈に書いてあったのを鵜呑みにした私がバカでした。
なぜAD-7590がいいかと言うと、マスター/スレーブを変更するツールがあってそれで簡単に変えられるからです。
http://www.sony-optiarc.eu/supportservice/tools/masterslave.html

仕方がないので、手作業でいざとなったらマスター・スレーブを変更します。

まずは取り外し。
赤丸のねじをはずしてドライブを引っ張ってあげればOK。

PC-CB1-M3 CDROMドライブ交換


取り外して、元のドライブについていた金具をAD-7580Aを取り付け、ノートPC本体に装着します。
電源を入れてBIOSチェック・・・・・・認識されていない。
どうやらスレーブとして設定されているようです。Windowsを起動してみると、そこでは認識されていますが、プロパティを見るとスレーブ認識(ドライブ1(1)認識)・・・・・・

そのままで使用するなら面倒なことは行わず、このまま使用してもいいですが、OSの再インストールが出来ない状態なので、設定を変更します。
もう一度取り出して、コネクタの部分を見てみます。
うーん、細かすぎて触りたくない・・・・・・

AD-7580Aコネクタ部分


調べると、Low : Master , Open : Slaveと言うことみたいですが、どこをいじればいいんだろう?
先人の知識を拝借。
主人と奴隷
スリムドライブ総合 パート4【DVD・Blu-ray】
DVDスリムドライブまとめ

どうやら47番ピンがキーとなるようです。

47番のマスクから~というのが定説のようですが、Lowがマスターと言う事前情報もあるので、とりあえず、47番と45番をショートさせます。赤で囲んだところです。
ちなみにこのピンの間隔は1mmもなく、2つのピンもめちゃ細かい。

AD-7580Aコネクタ部分その2

左側が47番ピンで右側が45番ピン。並び方が、

49 47 45 ・・・・・・
50 48 46 ・・・・・・

となっています。ここに細長くきったセロテープと小さくきったアルミホイルをつけて二つのピンを接触させます。この部分の写真をとり忘れましたが、イメージは、47番ピンをマスクするときにセロテープなどで覆ってマスクしますが、それを倍の幅にして45番ピンにもかかるようにして、マスクする部分の途中に小さく正方形に切ったアルミホイルを貼っておき、2つのピンをマスクする感じです。

分かりにくいですねw
分かっていれば、蓋を開けて裏側から端子にアクセスしてそこを半田付けするほうが簡単かもしれません。

結論から言うとこれで無事にBIOSからも認識されました!
ブートもOKです。

ただし、このドライブ、このノートPCにつけるときに、ベゼル部分が本体と干渉してきちんとはまりません。そこで、べぜるを取り外し、干渉している右側部分を少し削り、入るようにしてあげます。

本体との干渉部分

ちょうど赤丸で囲った部分です。もしかしたら個体差があって、普通に嵌る場合もあるかもしれませんが。
私は少し削りすぎて、かえって隙間が出来てしまいました。やっぱりちょっとずつやらないとだめですね。


今回はココまで。
次回は、CPUの交換とHDDの入れ替え、そしてOSの再インストールです。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...