色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛なんだって。
2009年 09月 17日 (木) 21:00 | 編集
いまだにそれを手にした頃がない私は、
恋だとか、好きだとか、友達とか
そんなものを箱の中にガラクタのように詰め込んでいる。

いつから愛というものは出来たのだろう。

子供の頃に虫を取って遊ぶ。

虫は死んでしまう。
虫は私によって殺されてしまったのだ。

初めて、すき以外の好きを知る。
それが多分、愛には届かないとしても。

記憶をなくす。
頭を打ったのか、
何かのショックのためなのか
私には記憶がない。



だから殺された虫も
好きになった人も
後から作り出した幻で
そんなものを作りながら
そんなものを作っても
決して埋められない隙間。

本当にはないもの。
写真の中には私がいる。
それが本当なのだと
信じなければらならないという
奇妙な感覚。


多分この先、
一人の人を好きなる事も
愛することもなくて
まだ見たことのない人や
あったことのない人に恋をして
人生をかけて愛するのだと思う。

会えば次の恋と愛を探す。

まだ見たこともあったこともない人を探して。


ずっと逃げてきた。
進む先にある世界。

もう逃げられない。
一歩を踏み出してしまって
この先は一本道。

誰か一人を好きになるのではなく
目に入る全てを好きになること。
目に入る全てに恋をして
目に入る全てを愛する。



そんな作り物の人生と世界を心から愛せるように。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。