色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
trip
2009年 07月 15日 (水) 20:59 | 編集
電車から降りると、そこはホームの端。

電車から漏れる光で白く光る窓、
蛍光灯がつくホームの屋根が現実感を添える。

屋根の切れ目、そこから視線を上に持っていくと
少し暗くなって
でも透き通って透明感がある
深い深い青。

この風景を切り取って
しまっておきたいけれど、
コトバでも、
写真でも
画でも

私にはどの手段でも持ち帰れそうにない。


ただ、眼が、心が記憶しているのみ。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...