色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
人助け
2009年 07月 12日 (日) 18:10 | 編集
場所:空港
対象:34歳外国人男性
制限:胸毛が凄い
状態:意識はないようだ

急に倒れて、
「ヘイ!ミック!」
と呼び掛けても反応せず。
人を呼び119番を要請して
気道を確保。

呼吸は確認できず。

心肺蘇生を開始(CPRって言うんだっけ?)
2回息を吹き込み、
30回心臓を圧迫。

これを繰り返す。
そこへ……AEDキター!!

素早くバッケージをあけ
電極パットを取り出す。
が、つけようにも胸毛が大変なことになっていて、うまくつきそうにない。

胸毛を除去(痛そう~)
AEDが診断を始め
電気ショックが必要と判断。
直ぐに充電が始まり
ショック開始ボタンが点滅。

バシッ

1回目

心肺蘇生再開。

何回か繰り返していたら
救急隊員が到着し交代。

助かったかどうかは不明。





そんな夢をみた。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...