色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
moblin
2009年 05月 31日 (日) 21:05 | 編集
moblinは主にネットブックなどのUMPC、MIDをターゲットにしているLinuxのディストリビューション。
ちょっと前まではIntelが引っ張っていましたが、今は抜けてしまいコミュニティが主導してます。

ちょっと前にα2が出たのでubuntu9.04を試す前にインストール。
(実はここで知ったUSBへのイメージインストール方法を利用してubuntuのUSBインストールを行いました)

用意するもの
・インストールしたいパソコン
・Windowsパソコン
・1GB以上のUSBメモリ
(実際はそれほど必要ないのですが)

インストール方法
・imgをダウンロードしてc:/などに置いておく
Win32DiskImager.exeをダウンロードして解凍する。
これもc:/などに置いておく。
このアプリフォルダ名に日本語が入っていたりスペースがあったり、NASにあったりするとうまく動かないのです……
・Win32DiskImagerを利用してimgをUSBメモリに書き込む
・インストールしたいパソコンにさしてUSBメモリから起動させる
(BIOSの起動ドライブを変更したり、mini9なら起動時に0を押して選択する)

この辺は検索すればたくさん出てくるので書くまでもないのですが一応。
(ネットの情報は消えるものだからコピーは重要)


軽いけど……まだ実用(常用)には無理かな。α版だしね。
デザインも質実剛健(質素)というのは好きなんだけど、ちょっとセンスというかデザインが。
まだまだこれからって感じ。アプリまわりとか設定も。
でもそこさえ整えばネットブックには最適なんじゃないかしら?

そういえば、Linuxで困るってほどではないけれど、
毎回設定するのが、日本語の表示の問題。

私は全部が日本語になっている必要性はなくて、使えればいいので日本語化はいらないと言えばいらないけれど、日本語の表示ができると、日本語の入力ができる、はあった方がいいかなと思います。

特に日本語の表示。

この辺の設定が楽にできればな~
Comment
この記事へのコメント
間違えた
ダウンロードしてインストールしたのはα2で、レビューで見たのはβだった・・・・・・

これからダウンロードしてもう一回試す!
画面はUXのおかげもあってかなりいい感じです。
英語のサイトからダウンロードしないといけないのね・・・・・・
http://moblin.org/

あと、インテルは表に立たなくなっただけで、一応いるんだね。
2009/ 06/ 04 (木) 00: 19: 09 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...