色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
揃い踏み
2009年 04月 21日 (火) 19:28 | 編集
富士通もシャープもネットブックを発表し、これで国内勢が揃ったのかな?

東芝はキートップを今人気のある形状のものを出してきたし、シャープは新しいタッチパネルを搭載。応用すればスキャナにもなり、辞書系コンテンツをプリインストール?
電子辞書を買おうか悩んでいる私にとってはかなりいい線いってます。


ところでこのジャンルのPCにはなぜかアナログモデム搭載がなく(IdeaPadにはありそう)、ちょっと困ってます。

USBタイプのモデム買おうかなぁ。技術屋さんならこの悩み分かるのではないでしょうか?(欲をいえばシリアルもほしいな。HPなら両方ありそう)

モデムもシリアルもUSBタイプのもので後から揃えられるけど……

サポートするなら最初から欲しくない?



今は1台目のネットブックを使っているおかげで、私なりの利用用途がはっきりしてきました。見るポイントは、

・軽量
・丈夫(SSD)
・長持(バッテリィ)
・メモリ
・液晶

こんな感じ(優先度もこの順番)。

丈夫は頑丈という意味ではなく、SSD搭載又は換装出来ること。少し手荒に扱っても「データ」が飛ばない。これ重要。あと駆動部分が減れば故障も少なくなるかな?
本体は今のレベルで充分です。

長持はモバイルとして持ち運ぶからにはバッテリィでの駆動を前提にしたい。大容量バッテリィのラインナップもいいし、安価に予備のバッテリィが購入出来ることでもいい。
出来れば充電タイミングを制御出来るといいな(残量50%以下になったら充電、98%になったら充電ストップ、みたいな)。

メモリは2GB積めたらいいな。液晶は最近出始めてきた縦768ドットがあれば……くらい。


国内勢には、ちょっと頑張ってLinux搭載モデルも考えてくれたりなんかしたら、もっともっと面白くなるんじゃない?
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。