色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七姫幻想
2009年 02月 09日 (月) 01:53 | 編集
七姫幻想
七姫幻想

純日本ファンタジー。

七姫とは、「たなばたの七姫」のことを指しているらしく、それぞれの異称――秋去姫(あきさりひめ)、朝顔姫(あさがおひめ)、薫姫(たきものひめ)、糸織姫(いとおりひめ)、蜘蛛姫(ささがにひめ)、梶葉姫(かじのはひめ)、百子姫(ももこひめ)――を織り交ぜて紡がれる物語。

私は、ものすごく、とてもとてもこの本を気に入りました!
面白い!
他の人がどう評価しようとも私にとっては思いかけないほどの面白さです。
(タイトルがこの本そのものであるところからして気に入っているのです。七姫とかその説明だけで今ではツボw)

この物語は七姫からあふれるイメージを用いて7つの物語からなりますが、それぞれが前の話と微妙にリンクしています。壮大な絵巻物を見ている気分になって、とっても不思議な高揚感に包まれます。
さらに、それぞれの物語には、和歌(短歌?)を用いて、それからストーリーを組み立てたような形をとっています(と私は感じた)。ちょうど、今、麻耶さんのところでやっている指とまの第二テーマ「俳句・短歌」と同じような感じ?このときはあまり分からず、わたわたして時間切れになり投票も出来ませんでしたが、この本を読んで、「あぁ!なるほど!」と納得。こういうことなのか、と。
私にはそれほど、自然に歌が物語に溶け込んでいて、物語の最後に書かれている歌に全ての中身が凝縮されているようなイメージを感じました。

お薦め。

こう、いいとこいっぱい、面白さいっぱいなんだけど、その面白さを上手く言葉に出来なくて歯がゆい。歌でも読みたいけど、そんな技量はない。わ~~!っと叫びたい(笑)

これまで放置していた万葉集でも読んでみようかな。
Comment
この記事へのコメント
一週間は短すぎました
最終選考は二週間にすることに。

ブログ&企画ご紹介ありがとうですw
まじで面白そうな。七姫のネーミングだけで垂涎ものです。その上短歌ベースのストーリーとあっちゃあ、読まないわけにはいかんですね。
日本ファンタジーはまだまだ手の届かない、ハイレベルな賞です。いつかわたしも挑戦したいと思っているので、その面からも読むべきですね、これは。
2009/ 02/ 10 (火) 00: 34: 04 | URL | maya # gQraGX56[ 編集 ]
お薦めですよ~
お帰りなさい。

私は純日本ファンタジーと書きましたが、ファンタジックなことは実はあまりなかったり。昔は今と比べると、全てに得体の知れない何かが潜んでいて、それらが自然と受け入れられているので、普通にしていてもファンタジーなんです。日常が既にファンタジーってすばらしい。
そして、「イト」という名前に不思議な感覚を覚えて、麻耶さんのことをとてもとても感心するやら、偶然にしては凄いやらでドキドキです。
流れ星でイトはものすごくいいってこと!
1週間で短いのは私がじっくり読める時間を平日に取れなかったからなのですが、二週間は嬉しい。でも途中でたるんでしまわないかちょっと心配です。こう締め切りがある、スピーディな展開の切迫感や緊張感はある程度必要ですし。
いや、どっちだよwと自分でも言いたい。ただの、のんびりやで1週間でも読めなくはないですよ・・・・・・
2009/ 02/ 10 (火) 00: 50: 11 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
分かった!
私の言いたいことが分かりました。多分こう言いたかったんだ!

二週間はちょっと長めだけど、一週間は短い。平日はなかなか時間もとりにくいから、金曜から翌々週月曜一時なんていいかも。

ところで七姫幻想、正式なジャンルはミステリらしい。ん~、そうなのか。謎もあるし、謎解きもある・・・・・・よくわかんないや。

って言いたかったんだ。それだけなんですけどスッキリした~

2009/ 02/ 10 (火) 21: 20: 44 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
あり?
てっきり「日本ファンタジーノベル大賞の準グランプリ」と……勘違い。
ミステリーにも歴史にも興味津々なので、大歓迎です。いずれにしろ読むべきってことには変わらない(笑)
2009/ 02/ 10 (火) 23: 11: 49 | URL | maya # gQraGX56[ 編集 ]
なるほど
合点がいきました。

本文打ち間違えていたのを、そう取りましたかw
こっそり直してました。すみません。

そんなんで私も意味不明なこと書き走ってしまい・・・・・・
2009/ 02/ 11 (水) 02: 02: 51 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/ 02/ 12 (木) 02: 29: 38 | | # [ 編集 ]
遅れました
調べたんですが、PDFって普通にUPしてリンクを貼ればいいみたいなんですよ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412893734
回答になってませんが・・・・・・頑張ってください。

ジオ使ってないから分からない・・・・・・
2009/ 02/ 18 (水) 22: 15: 52 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。