色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユニコーンと夢の中
2009年 01月 21日 (水) 23:03 | 編集
炎をもたらすもの ―ファイアブリンガー1― (創元ブックランド)
炎をもたらすもの ―ファイアブリンガー1― (創元ブックランド)

実はこういったファンタジーファンタジーとしたものを読むのは初めてかもしれない。
そう思うのはハリー・ポッターでさえ途中で挫折するくらいなので、まだこの類の本当の面白さが分からないだけなのかもしれない。

そんなことないと思うんだけど、どうにもこの類はあまり読んでいない。あまり読んだいないから面白さが分からないのかな。背景となる知識が増えれば面白さがわかってくる?

ほとんど人間が出てこないファンタジーは久しぶりでないかな?3部作なのでまだこれからもっともっと面白くなるのかもしれない。まずは主馬公(?)のアルジャンが子供から成長し大人へとなる最初の段階を描いたもの。己の運命と、能力を知り始めたところ。

私もこの本を読みながら成長するのだろうか?ファンタジーの読み手として。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。