色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白い!
2009年 01月 18日 (日) 22:52 | 編集
星々の舟 Voyage Through Stars
星々の舟 Voyage Through Stars

なんだか本の趣味が変わった?と思ったけれど(自分の)、これはヘヴンリーブルーよりもずっとずっと面白い!
楽しい種類の内容ではないけれど、ぐぐっと引き込まれる内容であっという間に好きになってしまった。村山さん特有の切ないほどの優しさと、どうしようもないほどのやりきれなさがあふれていて、そこは天使の~と通じなくもない。
でも、それらとは違った次元で、甘ったるいだけじゃなくて、より完成された感じがあって・・・・・・
読んでよかった。
怒りや憎しみや、好きや嫌いだけではない、ネガティブな感情から、そのほか様々な感情を上手く書ききるって凄く難しいと思うけれど、うん、これはいいよね。
それは哀れみではない、救いでもない、かといって怒りでもない。

これで一旦、村山さんの本からは離れます。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。