色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一年に一度のTV祭り
2009年 01月 02日 (金) 11:56 | 編集
私はTVを持っていない。
だから、ドラマも見ることがないし、ニュースも見ることがない。

たまに友人の部屋に遊びに行ったときや、TVのある部屋に止まったときに観る。
ものすごく珍しいから、食い入るように観るのだけど、その様子が「初めてTVを見た人みたい」といわれる。

で、TVでHEROがやっていたので今見ています。面白い。前に一度少しだけ見たのですが、少しだけだったので内容も何も分からなかったのです。今は、全話放送するのか分かりませんが、一話から放送しているので、面白さが良く分かります。

まぁ、楽しい。

でもこれを見たらまたTVのない生活へと戻ります。
一時期PHSももつのやめようかなと思いましたが、それは私が困るというより、周りが困るらしいのでまだ持っています。でも話があるのであれば会いに行ったり、会えばいいのに、と思ってしまいます。みんな人にあって話す時間さえなくなってしまったのでしょうか・・・・・・
・どうやっても人間と区別がつかないアンドロイドは。

→ 人間だ。
→ アンドロイドだ。
→ どうやっても人間と区別がつかないアンドロイドだ。

・書いてあることが分からない。

→ 書き方が悪い。
→ 私に理解力がない。
→ 何で分からないように書いてあるのだろう。


こういう反応をとても面白いと思う(反応を分類することが。三者三様)。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。