色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BUMP OF CHICKENのCDを全て堪能する
2009年 01月 01日 (木) 23:20 | 編集
BUMP OF CHICKENのCDには毎回必ずシークレットトラックが入っている(といってもいい)。
最近の隠しトラックは最終トラックを再生し続けると(15分とかそのくらい)、聞くことが出来るというもので、これは特に問題なく誰でも聞くことができます。

もちろんiTunesでも取り込み可能で、iPodで聞くことが出来ます。

FLAME VEIN
FLAME VEIN

が、「FLAME VEIN」のシークレットトラックについては、その存在を知っていても、iTunesでどうやって取り込んでいいか知らなかったりします。BUMP唯一の英語歌詞でもある「DANNY」。この隠しトラック、トラック1の「前に存在する」という特殊なもののため、再生するにはトラック1を再生した後、8:00くらいまで巻き戻す、ということをしなくてはいけないのです。

そのためPCで取り込む場合には、この「巻き戻す」という操作が出来ないため取り込みが通常は出来ないということになっています。


元旦の夜の今日はこの隠しトラックをiTunesや、ポータブルMP3プレイヤで取り込むにはどうしたらいいかをちょっと試してみたいと思います。
方法1:
EAC、Exact Audio Copyを使う方法。
EACのインストールや日本語化、操作方法についてはWeb上に星の数ほど解説があるのでそれを参照してください。インストールしたら、
このサイトの記事を参照(有名なyssさんのサイトです)
色々書こうと思ったのですが、SS取るの面倒だし、既にあるのであればそれを参照したほうが早いじゃん・・・・・・一応言葉で書くと、
・EACでギャップ検出をしてトラック1を選択する
・メニューから、アクション→インデックスに基づき選択したトラックをコピー→無圧縮を選択
・取り込んだ2つのWAVEファイルのうち、01.00 ガラスのブルース.wav が隠しトラック、
01.01 ガラスのブルース.wav が通常のトラック1
ということになります。

これだと書く意味があまりなし、わざわざWAVで取り込まなくてはいけないので少し面倒です。PCで聞くにはいいけれど、普通のオーディオで聞くには相変わらず巻き戻しが必要になります。

そこで次の方法は、

方法2:
CDM、CD Manipulatorを使う方法。
CDMはココからダウンロードしてインストールします。すばらしいソフトだったのに開発が停止してしまったのは残念です。大抵のドライブなら対応していると思いますが、起動して、ツール→ドライブの能力を調べるでチェックしておきましょう。
インストールしたら、起動してイメージを吸出します。下のSSの赤枠部分をクリックします。

使用方法01

すると次のような画面が出るので、高度な設定にチェックをいれ、正しいTOCとギャップ情報の取得にもチェックをいれ、赤枠部分に取り込んだイメージの置き場所と名前を設定し(検索をクリックして設定)、OKを押します。

使用方法02

すると、次のように2つのファイルが出来るので、.cueのファイルをメモ帳などのエディタなどで開き編集します。

使用方法03

中身はこんな感じになっていると思います。このCDはFLAME VEIN+1です。
FLAME VEIN [+1]
FLAME VEIN [+1]


FILE "FLAME_VEIN BUMP OF CHICKEN.img" BINARY
TRACK 01 AUDIO
INDEX 00 00:00:00
INDEX 01 08:18:00
TRACK 02 AUDIO
INDEX 01 14:36:65
TRACK 03 AUDIO
INDEX 01 18:39:70
TRACK 04 AUDIO
INDEX 01 22:57:37
TRACK 05 AUDIO
INDEX 00 28:08:12
INDEX 01 28:10:45
TRACK 06 AUDIO
INDEX 01 32:35:55
TRACK 07 AUDIO
INDEX 00 38:08:67
INDEX 01 38:11:07
TRACK 08 AUDIO
INDEX 00 44:37:35
INDEX 01 44:42:12

トラック1に注目してみると、開始時間が08:18:00となっていて、約8分間の空白がトラック1の前に存在していることが分かります。このままだと、トラック1はCDの08:18:00からとなってしまうので、これを以下のように書き換えます。

FILE "FLAME_VEIN BUMP OF CHICKEN.img" BINARY
TRACK 01 AUDIO
INDEX 01 00:00:00
TRACK 02 AUDIO
INDEX 01 08:18:00
TRACK 03 AUDIO
INDEX 01 14:36:65
TRACK 04 AUDIO
INDEX 01 18:39:70
TRACK 05 AUDIO
INDEX 01 22:57:37
TRACK 06 AUDIO
INDEX 00 28:08:12
INDEX 01 28:10:45
TRACK 07 AUDIO
INDEX 01 32:35:55
TRACK 08 AUDIO
INDEX 00 38:08:67
INDEX 01 38:11:07
TRACK 09 AUDIO
INDEX 00 44:37:35
INDEX 01 44:42:12


INDEX 01 とかINDEX 00 とかの意味は検索でもして調べてもらうとして(プリギャップ)、このようにすると、トラック1が00:00:00からとなるため、DANNYの入っている隠しトラックが正常に認識されるようになります。

あとはこれを普通にCDRなどに焼けば、シークレットトラックを正常に認識できるCDを作成することが可能なので、わざわざ巻き戻しをしなくてもいいし、iTunesでも取り込み可能です。

さてこの方法、他にも使い道があって、CDの最後のトラックにある隠しトラックの無音部分を削除するのにも使用できます。わざわざ早送りをしなくてもいいのです。

たとえば、同じようにBUMP OF CHICKENの「orbital period」で試してみましょう。
orbital period
orbital period

このCDのシークレットトラックは、BELIEVEというタイトルで、トラック28を01:20くらいまで流すと流れます。

イメージを取って、cueファイルの中身を見ると・・・・・・

FILE "orbital period BUMP OF CHICKEN.img" BINARY
TRACK 01 AUDIO
INDEX 01 00:00:00
TRACK 02 AUDIO
INDEX 01 01:18:30
TRACK 03 AUDIO
INDEX 01 02:13:30
TRACK 04 AUDIO
INDEX 00 07:44:36
INDEX 01 07:48:01
TRACK 05 AUDIO
INDEX 00 12:03:47
INDEX 01 12:06:11
TRACK 06 AUDIO
INDEX 00 17:36:66
INDEX 01 17:38:68
TRACK 07 AUDIO
INDEX 00 23:43:04
INDEX 01 23:48:06
TRACK 08 AUDIO
INDEX 00 28:06:10
INDEX 01 28:08:13
TRACK 09 AUDIO
INDEX 00 33:14:14
INDEX 01 33:19:16
TRACK 10 AUDIO
INDEX 01 37:18:11
TRACK 11 AUDIO
INDEX 00 43:16:18
INDEX 01 43:20:47
TRACK 12 AUDIO
INDEX 00 47:34:12
INDEX 01 47:36:51
TRACK 13 AUDIO
INDEX 01 53:34:48
TRACK 14 AUDIO
INDEX 01 54:14:05
TRACK 15 AUDIO
INDEX 00 57:34:02
INDEX 01 57:44:03
TRACK 16 AUDIO
INDEX 00 63:59:57
INDEX 01 64:05:21
TRACK 17 AUDIO
INDEX 00 69:02:29
INDEX 01 69:08:29
TRACK 18 AUDIO
INDEX 01 71:04:00
TRACK 19 AUDIO
INDEX 01 71:08:00
TRACK 20 AUDIO
INDEX 01 71:12:00
TRACK 21 AUDIO
INDEX 01 71:16:00
TRACK 22 AUDIO
INDEX 01 71:20:00
TRACK 23 AUDIO
INDEX 01 71:24:00
TRACK 24 AUDIO
INDEX 01 71:28:00
TRACK 25 AUDIO
INDEX 01 71:32:00
TRACK 26 AUDIO
INDEX 01 71:36:00
TRACK 27 AUDIO
INDEX 01 71:40:00
TRACK 28 AUDIO
INDEX 01 71:44:00

となっています。このCDは全17曲(隠しトラックを含めると全18曲)なのですが、18トラック以降に余計なトラックが27トラックまで存在することが分かります。

TRACK 18 AUDIO
INDEX 01 71:04:00
TRACK 19 AUDIO
INDEX 01 71:08:00
TRACK 20 AUDIO
INDEX 01 71:12:00
TRACK 21 AUDIO
INDEX 01 71:16:00
TRACK 22 AUDIO
INDEX 01 71:20:00
TRACK 23 AUDIO
INDEX 01 71:24:00
TRACK 24 AUDIO
INDEX 01 71:28:00
TRACK 25 AUDIO
INDEX 01 71:32:00
TRACK 26 AUDIO
INDEX 01 71:36:00
TRACK 27 AUDIO
INDEX 01 71:40:00

この部分をばっさりと取って、最終トラックである28トラックにもちょっと細工します。

FILE "orbital period BUMP OF CHICKEN.img" BINARY
TRACK 01 AUDIO
INDEX 01 00:00:00
TRACK 02 AUDIO
INDEX 01 01:18:30
TRACK 03 AUDIO
INDEX 01 02:13:30
TRACK 04 AUDIO
INDEX 00 07:44:36
INDEX 01 07:48:01
TRACK 05 AUDIO
INDEX 00 12:03:47
INDEX 01 12:06:11
TRACK 06 AUDIO
INDEX 00 17:36:66
INDEX 01 17:38:68
TRACK 07 AUDIO
INDEX 00 23:43:04
INDEX 01 23:48:06
TRACK 08 AUDIO
INDEX 00 28:06:10
INDEX 01 28:08:13
TRACK 09 AUDIO
INDEX 00 33:14:14
INDEX 01 33:19:16
TRACK 10 AUDIO
INDEX 01 37:18:11
TRACK 11 AUDIO
INDEX 00 43:16:18
INDEX 01 43:20:47
TRACK 12 AUDIO
INDEX 00 47:34:12
INDEX 01 47:36:51
TRACK 13 AUDIO
INDEX 01 53:34:48
TRACK 14 AUDIO
INDEX 01 54:14:05
TRACK 15 AUDIO
INDEX 00 57:34:02
INDEX 01 57:44:03
TRACK 16 AUDIO
INDEX 00 63:59:57
INDEX 01 64:05:21
TRACK 17 AUDIO
INDEX 00 69:02:29
INDEX 01 69:08:29
TRACK 18 AUDIO
INDEX 01 71:04:00
INDEX 01 73:00:00

こんな感じ。これで18トラックに隠しトラックが来るようになります。
でも17トラックの後半に無駄な無音部分が出来てしまいますね。これを削除する目的で、次のようにダミートラックを入れます。

FILE "orbital period BUMP OF CHICKEN.img" BINARY
TRACK 01 AUDIO
INDEX 01 00:00:00
TRACK 02 AUDIO
INDEX 01 01:18:30
TRACK 03 AUDIO
INDEX 01 02:13:30
TRACK 04 AUDIO
INDEX 00 07:44:36
INDEX 01 07:48:01
TRACK 05 AUDIO
INDEX 00 12:03:47
INDEX 01 12:06:11
TRACK 06 AUDIO
INDEX 00 17:36:66
INDEX 01 17:38:68
TRACK 07 AUDIO
INDEX 00 23:43:04
INDEX 01 23:48:06
TRACK 08 AUDIO
INDEX 00 28:06:10
INDEX 01 28:08:13
TRACK 09 AUDIO
INDEX 00 33:14:14
INDEX 01 33:19:16
TRACK 10 AUDIO
INDEX 01 37:18:11
TRACK 11 AUDIO
INDEX 00 43:16:18
INDEX 01 43:20:47
TRACK 12 AUDIO
INDEX 00 47:34:12
INDEX 01 47:36:51
TRACK 13 AUDIO
INDEX 01 53:34:48
TRACK 14 AUDIO
INDEX 01 54:14:05
TRACK 15 AUDIO
INDEX 00 57:34:02
INDEX 01 57:44:03
TRACK 16 AUDIO
INDEX 00 63:59:57
INDEX 01 64:05:21
TRACK 17 AUDIO
INDEX 00 69:02:29
INDEX 01 69:08:29
TRACK 18 AUDIO
INDEX 01 71:04:00
TRACK 19 AUDIO
INDEX 01 73:00:00

これで完成。トラック18というちょっと長い無音トラックが出来ますが、トラックスキップを使えばOKだし、なによりもトラック17に余計な無音部分がなく、隠しトラックのトラック19がすぐに始まるし、iTunesでは取り込んだ後で、トラック18を削除してしまえばそもそも存在しませんから。

これで大抵のシークレットトラックは普通に聞くことが出来るようになります。
あ~疲れた。

隠しトラックとかジャケットの情報
http://www.geocities.jp/raiki_ikki/bump_Secret.html
Comment
この記事へのコメント
大変わかりやすい説明で助かります
丁度、このような取り込み方を調べていましたので大変助かりました。
わかりやすく、とても丁寧に図説してありましたので、パソコンがあまり得意ではない私でも作業を進めることができました。

ただ、取り込んだイメージの置き場所と名前をイメージファイルの覧に書き込むという作業がよくわかりませんでした。
CDをどこに取り込み、パソコン内の検索をかければよいのかわからなかったのです。
もしよろしければ、お手すきの際にそちらの説明をしていただけると、大変うれしく思います。
お願いします。
2013/ 06/ 03 (月) 15: 42: 06 | URL | えりか # ofxKis3k[ 編集 ]
説明
それは、「CDイメージ作成」画像で、赤枠で囲ってあるところに、「検索」ボタンがありますよね?

そのボタンを押すと、フォルダ選択と、ファイル名の指定ができるので、そこで保存する場所とファイル名を指定してください。という意味になります。
(ファイル名は、「検索」ボタンを押した後に出てくるウインドウの「ファイル名」の所に入力します)

返答が遅くなってごめんなさい。
2014/ 06/ 18 (水) 21: 25: 47 | URL | MK # m/9dBB/k[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。