色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢を見ました
2008年 12月 31日 (水) 17:31 | 編集
戦艦のような大きな船に乗って、360度海原の世界をゆっくりと進んでいる。
船室の窓から見る景色は一面の様々な青で飽きることはない。
デッキに出ると海面と同じ高さに作られた特別なデッキがあり、そこで鯱が寝そべっていた。なにかを話し、一緒に海を泳ぎ別れる。

場面は変わり、大きなプールのあるところ。深く大きなプールでは他の人も泳いでいた。私もプールに飛び込み底までゆっくりと泳ぐと、反対側までプールの底を歩いた。苦しくはなく。まるで息をしているような感覚。向こう側に行く途中、上を見ると光がユラユラ、泳いでいる人の影がスーッと流れている。それによってできる波紋が綺麗。

反対側まで行って折り返し戻ってプールサイドに上がる。ユラッと体が揺れて(視界が揺れて?)その場に倒れてしまい、体の中にあった水をはきだし目が覚めた。

そんな夢。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。