色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空は、明日も、青いか?
2008年 12月 21日 (日) 23:23 | 編集
空は、今日も、青いか?
空は、今日も、青いか?

青つながりで、読んでいたもの第二弾。アルジャーノンと平行です。そして読み終わりました。
R25の記事を読んだときに「このエッセイはいい」と思っていて、ただ、全部を読むことも出来ずにいたので、出たら読んでみたいエッセイと思っていました。石田衣良さんの本は他にもたくさんあるけれど、一番有名なのは池袋ウエストゲートパークなんだろうなと。池袋ウエストゲートパークはドラマにもなったのは知っていますが、観てない・・・・・・だってテレビないんだもん。
とにかく楽しめました。面白い。読んでいて、これは実践したら良さそうだな、と思うこともあったり。

あと、エッセイの一つに書いてあった、クラシックについても聞いてみたいと思ったり。

池袋ウエストゲートパーク Classic Edition
池袋ウエストゲートパーク Classic Editionコルボ(ミシェル) アーヴィング(ロバート) バレンボイム(ダニエル)

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-04-13
売り上げランキング : 3180

おすすめ平均 star
star聴けば聴くほど、クラシックの虜…?!
starこれがクラシックなのか!
star300年前の音楽と今の池袋

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クラシックは最近インターネットラジオで聞いているので、衣良さんが、ネットとラジオの融合や、テレビの融合に(2004年2005年当時)は懐疑的みたいですが、私は全てが虚構のハリボテとは思いません。確かに、きらびやかに宣伝してとても凄そうに大げさに言っていた人もいたかもしれませんが(しかも中身は??)・・・・・・
解決しなければならない問題も多いと思いますし、しばらくは法関係や、その手段で混迷の年が続くと思いますが、それを乗り越えるために技術はあると私は信じたいです。便利に幸せに、というのを達成するのが技術の本質と思うのです。

というわけで、青つながりはとても良かった。というお話。イクリプスも2回読んだからこれも2回読もう。
個人的に、私的録画については、現行のダビング10もなんだかなという気がします。
そりゃ、今までのたった一回というのよりはいいですが、それは何か違うと思うのです。
いいじゃないですか、何回ダビングさせたって。その代わりそのダビングの回数だけ課金すればいいじゃないですか。一回あたりをぐんと下げて、必要なら10枚だろうが100枚だろうが、ダビングさせて、その分をちゃんととる。その回数を確認するのはどうするの?というのがありますが、基本的にはCPRMのようにネットに接続している環境があって、それで細かくカウント。そうすればどのクリエイターにどれだけというのもクリアになるからいいと思うのですが。

ネットのないところは、昔の衛星のように電話のモデムでもいいかも。BCASもそういう本人認証のようなものに使えばいいのに。AさんのBCASで撮った録画映像はAさんのBCASで認証すれば何回でもダビングOK(その代わりきっちり課金)。もちろん孫ダビングもOK。でも他の人がそのダビングを借りても違うBCASだとダビングは出来ないと。それがしっくりくるんだけど。

見る分には本当なら何もなくても見れるようにしてほしい、というのが本音なのですが、そんなに最初は抵抗があるなら、高画質のものは規制してもいいよ。SD解像度ならこれまで通りの運用は無理なのかな?技術的な問題なのか?


でも音楽と映像は別に考えてね、と言わないと大変なことになりそう。iPod課金はちょっと馬鹿らしい。一人に一回課金するならともかく、一台一台、しかも一回ごとに課金とかしたら(今の制度のままだとそういう二重取りになる)おかしいじゃん?iTunesがちゃんと管理の仕組みを持っているのにだよ?
というか、自作の曲ばかり放り込んだら、当然、私的録音じゃないから、課金された補償金は返還ということになりますが(法律でもちゃんと書いてある)、それで実質手数料80円、返還金8円とかだったらちょっと感覚ずれてますよね。

なんとか良い方向へと行って欲しいものです。
(私はその前にコンテンツの充実というか質を上げるほうが先決だと思いますがwじゃないとTVすら買う気になれない)
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。