色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
読んでいるようで読んでいないもの
2008年 12月 21日 (日) 00:59 | 編集
アルジャーノンに花束を
アルジャーノンに花束を

花束の綺麗な装丁。昔に読んだことがあったような、でも途中で読まなくなってしまったような。どちらにしても中身を忘れかけているのでもう一度読むべし!と借りてきました。これをたまたまケーキ屋さんでだして読んでいたら、「あら、懐かしい」といわれました。

まだ最初のほうを読んでいて、徐々に賢くなっていくところ。
私も賢くならないかしら?

読んでいるうちにだんだんと思い出してきました。この本はいつか原著で読んでみたいです。ルビ付とか対訳とかちょっと力を借りながら。あとは実際に英語の本が読める人が傍にいると良いのだけれど。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...