色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q6600
2008年 11月 11日 (火) 22:48 | 編集
いまさらですが、Q6600を買いました。FSB1066のマザボにはこれ以上の贅沢はないのです。

で、QX6700をどうしようか小一時間考えたい。


ファイルサーバを何とか稼動させました。構成は、
・ML115G1
・メモリ:2GB(たしか)
・SATA2I2-PCIe
・SATA2RI2-PCIe
・1TB HDD7台(WD10EACSx7、内蔵4台に5インチベイに3台、RAID5なので5TBちょっとくらい)
FreeNAS 0.69RC1

ネットワークカードを足して、中と外から上手く参照できるようにしたいなと思いつつ、外にさらすのはちょっと危険かもと思う今日この頃。順調に稼働中。とりあえず、SDカードに保存しっぱなしだったデジカメデータ16GBちょいを移動。まだ他にあるけれど、気力がないのでまた後で。

ところで、設定項目の(FreeNAS設定とユーザガイドより)

EFI GPT リリース0.684以降でドライブを初期化する時のデフォルトFreeNAS方式です。この方式は、2TBを超えるボリュームをサポートします。
1 MBRパーティション番号1、またはソフトウェアRAIDアレイ用(0.68より新しいFreeNASリリースで作成された)
2 MBRパーティション番号2 (FreeNASとデータに対して同じドライブを使った場合は、パーティション2を選択することを忘れないでください)
3-4 MBRパーティション番号3から4: 既存のディスクをFreeNASに追加するためにのみ使われる
CD/DVD CD/DVD ROM用(パーティションなし)
前のソフトウェアRAID 0.68より古いFreeNASリリースで作成されたソフトウェアRAIDアレイをマウントするために使う



という部分、わかりにくくて、英語でみたらはっきりしたけど、0番(EFIGPT)と1番どっちを選べばいいのかと。文面からだと、0.68以上であれば1でもいいように思えますが、どうやら、0.684以前までが1で、それ以降は0だといいたいらしい。EFI GPTもはじめてみたけど、それよりもEFIGPTか1かで悩んだ。次に設定するときもEFIGPTなんだろうな。で、1はどんなときに使うのかな。GPTを使用しないUFSでフォーマットした場合?そういうことなんだろう。

Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。