色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調べ物や資料、そして観賞用に。
2006年 04月 29日 (土) 18:57 | 編集
NASA World Wind
これまでは地球儀みたいに使っていましたが、今度は他の惑星も表示できるようになり、きれいな映像を楽しむことが出来ます。
ちなみに地球の場合、色々なデータをインターネット経由で取得してくれて、世界各地の災害の情報とか気温等々今までの地球の姿を見ることが出来ます。しかも3Dでぐりぐり動いて気持ちが良い。

Polyglot 3000
これはコピペした文章が何語で書かれているか判定するツール。文字見たらわかるやん・・・とも思ったが、そういや、アルファベットは使いまわしだし、アフリカとか南アジアの方の言葉なんて全然知らんしな~。ラテン語で書かれているかどうか、ギリシャ語で書かれているかどうかがわかるのか・・・もしかしてルーン文字で書かれた文献があればそれも判定してくれるんだね?ちなみに3000と名前にはあるが判定できるのは400ちょっと。でもそれだけこの地球上に言語が存在する(した)んだね・・・

これとさっきのWorldWindを連動させられれば面白いのかも。このあたりで使われていましたよ。とか。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。