色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手抜き料理
2008年 10月 13日 (月) 00:33 | 編集
ごぼうがあったら何を作ろう?
きんぴらは定番だけど、手間がかかるし、煮物系もちょっと手間。

そんなときはお米と一緒に炊き込んでしまえば、秋っぽい素朴なごぼうご飯の出来上がり。
これの良いところは、材料を切って炊飯器に放り込んで普通に炊くだけ。終了!の簡単さ。それで食物繊維がたっぷり取れて美味しいし言うことなしですね。

ごぼうはささがきにして水にさらしておく。短時間でよいと思う。
研いだお米に通常通の水をいれ(あとの調味料によっては多少調整)、ごぼうを入れて、好みで味付け(しょうゆ、だし、さとう、しお等。簡単にするにはめんつゆのようなつゆのもとにさとうかみりんとか適当に放り込めばOK)。
ちなみに適当とは適度な量のことなので、テキトーに放り込んではいけませんw

簡単。私はここに干ししいたけとか適当に放り込んでおきます。元の味付けは栗ご飯をアレンジしてごぼうに変えたもの。栗ご飯で探せば簡単にレシピは見つかります。

ところで栗ご飯は栗の皮をむくのが大変でまだ一回しか作ってない・・・・・・栗はたくさんあるので早く何とかしたいものです。渋皮煮にすればいいのかな。ものすごく手間がかかりますが。だれか超簡単な渋皮煮の作り方知らないかな。○○家の食卓のような裏技。
Comment
この記事へのコメント
渋皮は
鬼皮より手ごわいよね
発想を変えて渋皮も一緒に煮るってのも手
もちろんあくを抜いて

どうしても剥くならば表面だけゆでてやわらかくして、中は生の硬いままで剥くのが少しは楽だけど、
栗剥きをジョイホンで売ってるって聞いたこともあるよ
2008/ 10/ 13 (月) 17: 30: 02 | URL | らら # 1wIl0x2Y[ 編集 ]
渋皮煮
渋皮と一緒に煮るというのは
渋皮も食べるということ・・・・・・?
アクを丁寧に取り除いたら
美味しいのかな。

栗剥きが一番簡単そうではあるけれど、
ここは普通に湯につけてやわらかくして
という王道が一番いいかも。

ちょっと前はマロングラッセを
せっせと作って保存してちまちま食べてましたが
栗料理はどうにも手間がかかるのが難点です。
2008/ 10/ 13 (月) 21: 19: 47 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。