色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい変態
2008年 09月 28日 (日) 20:57 | 編集
混沌こそ世の全て!とおもって疑わない



秩序は気にする


それでいて、知ったか風に物を書いてメールで送るというのもとてもぞわぞわ背筋がむず痒いものです。
うん、これは変態だな。頭がおかしくなったに違いない。


どうでもいいけど、10時間ほどかけて6TBのRAID5は実際は4.5TB(1TBのHDDは実質の容量が930GBしかないので(慣習により1TB=1000GB、1GB=1000MB計算。実際は1TB=1024GB、1GB=1024MBでないといけないので、そこでも容量が減っている気がしてならない。つまり、最初の時点で1/1024/1024=0.95367431640625TBしかない。これをHDDメーカ側の表記に直せば*1000で953.674GB。PCから観ると/1024だから、0.931TB。RAID5は実質5台分なので*5))。

ごめんもっともらしく嘘の計算書いた。でも4.5TBはあっている。

本当はどんな数字のマジックか誰か教えてYo!

ファイルサーバは順調に動いてます。いま、溜まりに溜まった、デジカメデータ十数GBをコピーしていますが、帯域の80%くらいは出ているようにみえる。80Mbps?そんなに出るのかな・・・・・・怪しい。半分の40Mbpsって所かな。でも速いわ。
Comment
この記事へのコメント
ちゃんとした計算
メーカー表記:
1TB=1000MB=1000000KB=1000000000Byte

実際:1KB=1024byte、他同様。
1000000000byte=10^9/1024/1024/1024≒0.93132257TB

元のは上手く1024と1000の数を合わせただけで理屈はでたらめです。
単純に考えて1024倍しなければいけないところを1000倍で「はい、繰上げ!」としているので実際の97.65%しか容量がないということなんですよね・・・・・・100GBの差って結構大きくない?

本当は1TB=1TiBとして欲しいところです。
2008/ 10/ 08 (水) 00: 25: 40 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。