色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
ToDo
2008年 09月 10日 (水) 19:35 | 編集
よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)


よつばとの最新巻で、夏はそろそろ終わり、秋が来る頃かな。と理解して、外に出てみたら晴れているのに涼しい。予想以上に秋で驚きました。

夏休みだと何もせずにぼーっと一日を過ごすことが多い。何もせずゴロゴロして、夕方になって「そういえば……」となにかしようとしていたことを思い出す。しかしそう思っても既に日は暮れ夜になる。明日でいいか、なんて先送りしてしまうのです。

手帳で管理しようと思ったこともありました。しかし長続きしない。
スマートフォン等のガジェットなら楽しく出来るかもと夢見た事もありましたが、設定が面倒な上に手間は手帳と一緒。やはり駄目でした。

もしかして社会に適合しようという考えが自体が間違っているのかもしれない。
人には向き不向きがある。自然に向いている人もいれば、社会には向かない人もいる。

社会に向かない人が社会で役立つツールを使おうとしても、上手くいくにはちょっとコツが要りそうだ。

考え方や立場を根本から変えてみたら……

そんなわけでどうやれば上手く行くか思案中。
Comment
この記事へのコメント
おいおい
管理するのが仕事の人間が、管理するのを諦めるなよw

でも、ここはいっその事社会システムが不安定になるまで放置決め込んでみるのはどうでしょう?
それでぐちゃぐちゃになったら、その後は管理する必要なくなる!!
それが出来そうな立場にいるんだし(´・ω・`)
2008/ 09/ 11 (木) 23: 45: 59 | URL | まーくん # -[ 編集 ]
混沌と書いてカオスですね。わかります。
言われてみればそうだった!

言われるまで気がつかなかったよ。>管理するのが仕事
そしてソレが出来る立場……条件は揃った(ェ

社会システムの不安定は新しい構造へのシフトを加速するという意味で一定の効果をあげそうです。

世間ではそれを「人は失敗からしか学べない」といったりします:-)

前からそうだったけど、管理しなくてすむ構造は私にとっての永遠のテーマ、
に違いない(`・ω・´)b シャキーン
自立するシステムといえば聞こえはいいが、ようはぐうたらなだけです。
2008/ 09/ 12 (金) 00: 01: 44 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...