色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数学はやはり楽しい
2008年 09月 08日 (月) 23:21 | 編集
数学ガール/フェルマーの最終定理
数学ガール/フェルマーの最終定理

ついつい試しながら読んでしまう。
もちろん読み物としてそのまま読み進めてもとても楽しい。お勧め。

レビューには、フェルマーの有名な定理全てを書いていない!というのがありましたが、全てを書かれても多分わからないし、本の厚さは倍以上になるかと……

前作と比べたら、多少駆け足になるのは否めない題材だとは思ってましたが、概要がわかっただけでもいい。満足の一冊です。知的好奇心を満たして、物語も楽しめる。

そういう意味で言えば、歴史も面白いんだよね……とても苦手なんだけど。


数学に限らず、英語でも科学・化学でも理系に限らず、文系もホントはみんな楽しいのだけれど、それに気がつくまでが大変なのね。どんな小説も、それの面白さがわかる段階というものがあるように。
Comment
この記事へのコメント
著者のページに行ってみたら
面白いことがたくさん書いてあった。
興味深い。
http://www.hyuki.com/index.html
そして「数学ガール」は「理系最強の萌」らしい。
その視点はなかった。これからはその視点でみ(ry

純粋に数学がやりたくなってきた。
そしてこれをどこかの誰かに伝えようとも思った。
ピースは揃っている。後はそれを一つずつ手に入れていくだけ。
それが結構大変なんだけれど、自分がやりたくてやることならどんなことでも頑張れるし、我慢だって出来るし(やりたいことなら我慢なんてないけれど、この世界にはあるのです。悲しいことに)、立ち止まらず前に進んでいける。


しかもニコニコ動画には数学ガールを歌った初音ミクがあった・・・・・・絵つきまで。

開放することと繋がる事は一緒なんだなと思った瞬間。
2008/ 09/ 11 (木) 22: 43: 43 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。