色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FreeNAS
2008年 08月 18日 (月) 00:43 | 編集
機材関係は随分前に揃っていたのにずっとできていなかったFreeNASを試す。

最初の設定方法はFreeNASの日本語の解説ページを見てもらうとして、私はイメージをCDRに焼いてUSBにインストール。
環境は、

ML115
MEM:512MB
USBメモリ:2GB
HDD:内臓1TB*4
   増設SATAカード(SATA2RI2-PCIe)に1TB*2
HDDは全てWDのWD10EACS。最近かなり安くなって価格が1万3千円ですよ・・・・・・買った時は1万7千円だったのに・・・・・・今なら同じ金額で8台分買える計算に。最安時の1万円なら、10台・・・・・・すぐ使わないのに買うのはやっぱり駄目ですね。こういうPCものは。(ただし、レア系のもので販売終了するようなものは除く。といってもそんなのうちは使わないので銭失いにしかならないわけですが・・・・・・)

FreeNASは0.69b2を使用。ブート時の画面およびdmesgを見る限りでは、SATA2RI2-PCIeもHDD6台も全て認識しているようなのだけれども、実際にata(ad)として使えるのは4台のみ(内臓SATAポートだけ)。
色々試してみるも、残り2台が認識できない・・・・・・なんでだろう?RAID機能なんて余計なものがついているのがいけないのか、ML115との相性の問題なのか、その辺は分からないけれども、これなら実績があるPCI版の、SATA2I4-LPPCIが良かったかな・・・・・・帯域が気持ち的にあまり好きじゃないけれど、認識しないと意味ないしね・・・・・・4ポートあるし。

ちょっとNEC Express5800/110Gdでも試してみて、うまくいくかどうかやってみよう。今のFreeNASのバージョンなら確かいけたはず。


最初は巨大はRAID5を作成しようとしたけれど、リビルドにめちゃ時間がかかるのと、容量がちょっと減るので、大切なものは500GBx2のRAID1に、今回の1TB*6はRAID0か、RAID1かJBODあたりで使おうと思う。所詮テンポラリだし。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。