色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしもし
2008年 08月 07日 (木) 22:12 | 編集
仮に、を考える事は悪い事かしら、そう考えた僕は昔の電話について考えた。

もしもしは本当に申す申すから変化したのだろうか?

どの時でも正しい言葉使いや正しい用法に敏感な人達がいる。その人達がこの変化を看過する理由があるだろうか。

いや、ない。

想定されるシナリオはこうだ。

その時不意に電話がなった。もしもし、と僕は出る。旅行先が遠いアジアから近いアジアになりそうだという内容だった。

私は早すぎて予約出来ず、遅すぎて予約出来なかった。乾季もいいけど雨季に密林を思いながら読書に耽るのもいいな。

もしも、地球が氷河期に突入し年々最低気温が-2度更新されたら人類はどんな行動をとっただろう?

もしも、もしも、そればかり考えていたら、僕のこれまでは、やりたかったのにやれなかったことと、やれたのにやらなかったことの積み重ねであったようにだ。

ミルフィーユが浮かぶ空。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。