色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの妄想
2008年 07月 30日 (水) 23:27 | 編集
それは本当に「」なことですか?

私にはとてもそうは思えません。なぜなら「」はどこにでもあるからです。
それをあえてやるなら、止めはしません。

処分されないように注意しましょう。
誰かによって、ではなく自分自身によって。
地デジがコピフリ(MonsterTV HDUS)として解禁になったことは純粋に興味がないわけではない。そもそもテレビを持たない私にはあまり意味がない。それよりも24時間365日録画することにより、いつでも好きなときに、しかもデータ放送も取れるとなれば検索も出来て?好きなものを好きなところだけ見ることが出来る。もちろんCMも込みで、というほうがとても私にあっていると思う。

興味があるのはそれをどのように成しえたのかであり、利用すことは二の次だ(というより利用することはないだろう)
技術的な好奇心は純粋に抑えることができない。
わくわくがとまらないから。
コピフリって言葉よりも解析って言葉に反応してしまう。

リンクをたどって少しだけ思ったこと。

人によって需要は違うのだなということ。


・・・・・・不要なものは手放してしまえ。それを手元に置くことに何も意味はない。

意味なら自分で見つける。

先の10年は知的好奇心を満たし、好きなことを好きなだけやることに専念し、結果は求めない。あるがまま

これからの10年は・・・・・・既に親友には伝えてある。
少し長い別れになるかもしれない。音信不通は私の常だけど、今回は目的がある。理由がある。
だから今回が最初の最後。残りは9月までに一回だけ。それ以降はさようなら。
だけど・・・・・・もしもそれが運命ならば共に歩もうと思う。求める人に私はどこまでもついていく。勝手気ままに。


いつでも流れのままに。正しいとか正しくないとかではなく、難解な悟りではなく、ただ歩むだけ。意図的に行うから歪が生じる。

せっかくあかりを持っているのなら,あかりをわざわざベッドの下や押し入れの中のような変なところに置かず,まっすぐテーブルの上に置きなさい。



上には上がある。しかし私には上がない。
透明であれ。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。