色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫と自由と諸事情と
2006年 04月 02日 (日) 03:18 | 編集
三匹の猫のうち一匹は気ままに、一匹はまじめに、一匹はテキトーに生きています。
(でもどちらにせよ結構いい加減かもしれません。行き当たりばったりとか。タイミングが良い悪いとか。だから真面目にではなくまっすぐにが適当でしょう)

そのうちちょっとした移動を行うようです。

なにもしなくても地球は回る。自分も回る。太陽も世界も。
相対論者は相対的であるがために絶対性を認めなければならないし、
全体論者は絶対的であるがために相対性をみとめなければらない、
・・・かもしれない。


動く動く。世界は動く。
でも時計を外した猫はまだ動かない。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。