色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手繰り寄せるもの
2008年 05月 20日 (火) 18:59 | 編集
日御碕灯台

朝起きると
昨日の事が思い出されて
幸せな気持ちになってみたり
急に不安に駆られて朝食の用意をする

台風が来ているとネットの画像は警告するけど
私には余り興味がなかった

朝食を取った後
おもむろに傘を持ち出し
雨の中に入ってみる
傘は雨の量につりあっていない
足下からチリチリと濡れていく
バチバチと跳ねる雨も
濡れてしまえば
晴れている時と気分は変わらない
世界が少し入り込みやすくなる

観よう観ようと思っていた映画を
気が付いたら観ていなくて
調べたらこちらでは
既に四章まで来ている
初めから通しで観られるのは……
九州か

遠いな

DVDは出る(出た?)けど
良いと聞いた音や
画を大きく見てみたいじゃん

こうして逃していく
興味がありながら
機会がありながら

映画を一人で
外出して
観るのは危険だ

入ったまま出られない可能性がある
戻ってこれない可能性がある
越えてしまう可能性がある

必ずこちら側に戻ってこれるようにしないと

それにしても
どうして
もっともっと
執着できないのだろう

時々生命の危機を感じる

ディスカバリーチャンネルが観たいな
この位置から撮るには崖を降りなければいけないのですが、灯台も然り、高所恐怖の人はかなり苦しい。
灯台は登れますが、階段はとても急な螺旋階段。

写真はサイズを変えてあるだけの未加工ですが、白が飛びすぎてるような気がする。というか海の辺りが黒すぎるんだと思う。全体では適正なのかもしれないけど、やっぱ過剰気味。少し抑えてあげたらきれいになるかな?んん~青が強いのかな……

時間があるときにBのレベルを調整してみよう。
Comment
この記事へのコメント
なんとなく
曲調が無印.hackに似てるなと思ったのが最初。Trailerを見て(というか出た頃も見たのだけど)やっぱいいわ、コレを見に行く人が身近にいないというのは今生きているうちの最大の不幸である、かも。

7話そろうまで大人しく待ってようかな、さてどうしよう。確か、好きな章が後半にあるから観てしまうのかもしれない。
2008/ 05/ 20 (火) 21: 50: 26 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
この日御碕灯台一度行って見たいです。
海が暗くて白い灯台をフォーカスにしているとどうしてもそうなりますよね
ららなら、コントラストを落として、色を濃くしてみたりします。

でもこのままのほうがいい、

闇からの誘惑と
空からの誘惑とに引き裂かれそうで

2008/ 05/ 24 (土) 22: 16: 56 | URL | らら # 1wIl0x2Y[ 編集 ]
コントラスト
載せる時にコントラストを落としたり、というのはやってみたのですが、印象がガラリと変わってしまうのでやめてしまいました。
ららさんの言うようにこのままがいいのでしょう。要は何を伝えたいかで、例えばよく晴れた日のまぶしく輝く白い灯台は見たそのままなのでこの方が良いのです……

暗部を持ち上げてという今時のデジカメについている機能があれば悩むことないのですけど。
ブルーのレベルを少し落としてあげると現物っぽくなるのでそれはそれでありでしたが、いいかな。と思ったので結局何もせず。
2008/ 05/ 25 (日) 18: 06: 45 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。