色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
濃霧
2008年 05月 15日 (木) 06:00 | 編集

霧が立ち込め
存在が朧気
日が射して
光芒を瞳に映す
一条の筋が
幾重にも

白砂糖の様に
溶けていく日常

Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...