色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲茶
2008年 05月 10日 (土) 20:10 | 編集
円い卓をみんなで囲む。

うち一人は零歳児(あってる?)。

皆の手を渡る赤子をみて、何故か赤ん坊を相手にすると態度とか行動が変わるのは面白い。

毅然とした態度で接している方が変と感じるのは生物としてそう刷り込まれているのか、どちらにしてもとにかく凄い。

食べきれないほどの飲茶、とりあえず一種類ずつ食べて、あとは食べれるだけ。

皆のたのしそうな感じは幸せを運ぶ。というかさ、頭の中がハッピー思考なのだよ、私は。

落ち込むなんてあるのだろうかと落ち込む、悩みがないと悩むなんて、成長の余地がなさげな所に私の価値があるのだとすれば、私は最高のパフォーマーになってみせるだろう。

ただね私は基本的に忘れる人なんだ。
短期的な快楽に身を委ね、その浮沈すら楽しむバーサーカー。

いいないいな、私はもっともっと楽しみたい。一時限りの生をベット出来るテーブルを用意するよ。

お待ちしておりました。どうぞ奥の席へ。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。