色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうそろそろ寝る時間
2008年 05月 08日 (木) 19:37 | 編集
朝といっても深夜に近く、ニュースなら未明と表現するのだろうか?

とにかく揺れた、部屋全体が。あぁ、今日は何かすることがあったっけ?

と考え始めるのがXXX系で、実際はそんな長く思考できないし、目の前の出来事から思考を逸らすのは難しい。なんかハテナって面白いよね。こういうのがばっと広がる。

その時の私は、眠りの中で

「地震だ
ん~結構強いな
部屋の物とか落ちるかな
でも今は眠いから落ちたら考えよう
そもそも
物が落ちる程の地震なら
自分の命を心配すべきだし
しかし
今ここが崩れても後悔はないな
あ、止まってきた」

なんて半覚醒で思ってました。起きた時にはあまりに変わっていなかったので地震そのものが無かったかと思い込むところでした。

人は寝ていても音でどこの何が揺れているのか分かるんだ、と妙に感心してみたり、熟睡しているようで起きているものなんですね

それよりもさっき起きてもう寝る時間だなんて早すぎる。

地震馴れってば恐ろしい。
Comment
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。