色々なことを、気の向いたままに。
事象境界線
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも恋に悩んでる。
2008年 05月 06日 (火) 15:13 | 編集
東京飄然
東京飄然町田 康

おすすめ平均
starsはは・・・おもろ
starsイケてます
starsうすい
stars辿り着くのは町田ワールド
starsすべてが粋

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

飄然と言う言葉はいいねぇ。なにか殺伐とした、飄々と流れる砂の大地を連想させる。
あるいはボトルメッセージのように行く当ても無くただ目的のみが存在し、完遂することすらイミが無い瓶と手紙の二人旅のような。

しかし一番想起させるのは悩める恋。コレしかない。

飄然=愛になりきれない恋。

違うなぁ……
なにかなぁ。

本の表紙は綺麗な白のテクスチャが麻のような、でも持ち歩くとなると少し汚れてしまうかな。カバーをかける習慣が無いので(本を読む時間は桃に当たる朝日を口に入れる情景)、心配です。

心配は少しだけ現実になる。

都電を初めて見たときこんなところがあって、東京ってよく知らないところが多いな、というより有名な観光地もよく分かっていないのだな、日本は狭いようで個が巡るには十分な広さを持っている。
それでもココでは狭すぎると感じるのは私自身の世界が狭いせいだろう。

まだまだ世界を広げてみよう、どこまでもどこまでも。
Comment
この記事へのコメント
「飄然」は・・・
生きてるのに生きてないフリ。

眺めてるフリして、実はちゃっかりその中にいる人。

そしていつの間にか勝手に目的を果たして、人の都合と関係なく出ていってしまう。

そんなかんじ。

けっこう憧れる。




要するに、ぬらりひょんか。
2008/ 05/ 07 (水) 19: 05: 02 | URL | maya # -[ 編集 ]
それって
一瞬「我侭」の定義かと思っちゃった。

よく読んでみたらそれとはちょっと違うのね。入る出る、はじめる終わるの境界がなくて興味の向くまま気の向くままって事かしらん?

それなら私にも少しは飄然たるものがわかるやもしれませぬ。
ぬらりひょんというかナマケものですが。彼らは結構すばやいんですよ!侮れない。

物事を楽しむには見ているだけじゃ物足りないので全力で参加して。時間がきたらまたね、いつか時が来れば。
そんな粗いつながりも飄然かしら?
2008/ 05/ 08 (木) 22: 50: 12 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
雲のように風のように
・・・というタイトルのアニメ映画がありましたが、飄然というのはそんな言葉で表現されるなにがしかのビミョーな存在感だと思われます。

時代小説などにもそういった人物がフラリとあらわれます。探してみてください。

黒田硫黄のふるい漫画に出てくる天狗も、あるいはそういうものかもしれません。
2008/ 05/ 09 (金) 08: 07: 37 | URL | maya # gQraGX56[ 編集 ]
ジブリ?
なんだかそんなタイトルの作品は見た気が。
中国の、後宮の、最後は自害で、坊さんとの演技で脱出して。

しかしタイトル覚えてない。

しがらみに囚われなければいいかな。

黒田硫黄も聞いたこともあるな~。どっかで読んだことあるんだろーな……もうちょっと覚える努力しないと駄目かな。
2008/ 05/ 09 (金) 12: 35: 24 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
ジブリ。
主人公の名前は銀河。酒見賢一のデビュー作「後宮小説」のアニメ化です。
けっこう古い。

そうね、とらわれないってことかもしれない。

黒田硫黄は「茄子」「セクシーボイスアンドロボ」などを描いている漫画家さん。
天狗が出てくるのは「大日本天狗党絵詞」という作品で、これはとても面白いのでオススメ。全四巻。

おぼえてなくても別にいいんじゃない?
誰が怒るわけでもなし。笑
2008/ 05/ 09 (金) 19: 44: 50 | URL | maya # gQraGX56[ 編集 ]
あたり
主人公の名前は覚えてたので、それですわ。

黒田さんも「茄子」ではっきりと分かった。天狗も全部じゃないけど、読んでる。この本は前に同棲していた友達のところにあるのでそれとなく残りがあるか聞いてみよう。

覚えてないのも何度見ても新鮮でいいんだけどね。しかし一度自分の中のたな卸しをして見たいものです。
2008/ 05/ 09 (金) 21: 47: 22 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
オチ
早速ある~?って聞いたら
「mayaさんにあげたよ」

\(^o^)/

凄いオチ。

2008/ 05/ 10 (土) 19: 25: 00 | URL | MK # EGTCt1XI[ 編集 ]
あれ?
あ、彼からもらったんだ、そうそう。すっかり忘れてたw



うわぁ。このオチは予想できなかった。
まさに現実は・・・
2008/ 05/ 11 (日) 05: 18: 24 | URL | maya # gQraGX56[ 編集 ]


コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 事象境界線 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。